6つの質問に答えると、「潜在的」に相性の良い保護犬猫に出会えるマッチングサイト

「自分の理想」と「本当に相性の良い」相手は、違うのかもしれない。

保護犬猫とのマッチングサイト「OMUSUBI」では、ユーザーが「休日の過ごし方」や「どんな性格の子と暮らしたいか」など6つの質問に答えることで、自分自身では気づかない「潜在的に相性の良い保護犬猫」に出会うことができる診断機能をスタートさせた。

ペットを迎える際、今までは迎える人の好きな種類や見た目で選ばれることが一般的だった。しかし犬種・猫種は300種類以上あり、それぞれの性質は異なっている。

相性を考えずに迎えた結果、「インドア派なのに、運動量を多く必要とする大型犬を迎えてしまった」「犬と暮らすのは初めてなのに、しつけが難しい子犬を迎えてしまった」といったミスマッチが生まれることもあり、最悪の結果、飼育放棄へ繋がってしまうケースも。

そういったミスマッチを応募の段階で防ぐとともに、自分の好みだけで探していたら出会うことのなかった「意外だけど、よく考えると自分に合っている子」を提案することで、マッチング率を高めていこうという試みだ。

日本では、ペットの家族化が進む一方で、大量繁殖や飼育放棄によって年間4.3万匹、単純計算で、1日におよそ「118匹の犬猫」が殺処分されている。

OMUSUBIの相性診断は、今まで選ばれにくかった犬猫たちにもスポットライトを当て、「一生の家族」に出会う機会を創出する。現在、約80団体が登録し、これまでに185匹の保護犬・保護猫がOMUSUBIを通して新しい家族と結ばれた。

これは、新しい出会いの形だ。日本中の犬猫に幸あれ。

©2019 株式会社シロップ
Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...