6つの質問に答えると、「潜在的」に相性の良い保護犬猫に出会えるマッチングサイト

「自分の理想」と「本当に相性の良い」相手は、違うのかもしれない。

保護犬猫とのマッチングサイト「OMUSUBI」では、ユーザーが「休日の過ごし方」や「どんな性格の子と暮らしたいか」など6つの質問に答えることで、自分自身では気づかない「潜在的に相性の良い保護犬猫」に出会うことができる診断機能をスタートさせた。

ペットを迎える際、今までは迎える人の好きな種類や見た目で選ばれることが一般的だった。しかし犬種・猫種は300種類以上あり、それぞれの性質は異なっている。

相性を考えずに迎えた結果、「インドア派なのに、運動量を多く必要とする大型犬を迎えてしまった」「犬と暮らすのは初めてなのに、しつけが難しい子犬を迎えてしまった」といったミスマッチが生まれることもあり、最悪の結果、飼育放棄へ繋がってしまうケースも。

そういったミスマッチを応募の段階で防ぐとともに、自分の好みだけで探していたら出会うことのなかった「意外だけど、よく考えると自分に合っている子」を提案することで、マッチング率を高めていこうという試みだ。

日本では、ペットの家族化が進む一方で、大量繁殖や飼育放棄によって年間4.3万匹、単純計算で、1日におよそ「118匹の犬猫」が殺処分されている。

OMUSUBIの相性診断は、今まで選ばれにくかった犬猫たちにもスポットライトを当て、「一生の家族」に出会う機会を創出する。現在、約80団体が登録し、これまでに185匹の保護犬・保護猫がOMUSUBIを通して新しい家族と結ばれた。

これは、新しい出会いの形だ。日本中の犬猫に幸あれ。

©2019 株式会社シロップ
Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
首を傾げる仕草で、キュンとさせてくれるワンコ。スタッフォードシャー・ブル・テリアのIvorは、生まれてからわずか10ヶ月の間に捨てられ、5つもの家族にたら...
まるで仲良し兄弟のようにどこへ行っても離れない犬のHenryと猫のBaloo。コロラド州に住むカップルのもとで暮らしています。時々みんなでハイキングに出か...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
男性を動物に例え、その性格から犬系男子、猫系男子と分ける人が増えています。もちろん全てが全く同じというわけではありませんが、それぞれのタイプには分けられる...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs &...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつ...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
血液型での恋人との相性診断はよく話題になりますが、「血液型」だけでなく「兄弟構成」も踏まえた場合はどうでしょう?300万人のカップルたちが使用するスマート...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
「Words of Heart」は、パスワードが一緒という斬新な条件を採用しているデートサイトです。
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。