「う●こ」と笑われてしまった
ハインツの人気商品

ハンバーガーショップなどによく置かれている、クラフト・ハインツのケチャップやマスタード。「HEINZ(ハインツ)」という文字に見覚えがある人は多いのではないでしょうか。

その世界的食品メーカーから、去年の秋にアメリカで販売スタートされたのが、「Mayochup」。要はマヨネーズとケチャップが混ざったソースで、日本だと「オーロラソース」と呼ばれたりも。

で、フライドポテトやサンドイッチ、バーガーなどさまざまな食べ物に使えて便利だと人気を博し、お隣のカナダにも上陸!

と、ここまではよかったのですが、なんと一部の人たちの間で“笑われ者”になっているとのこと。というのも、商品名にもあるMayoがカナダの先住民族クリー族の言葉で排泄物を意味する単語「mêyi」に似ているというのです。

華々しく隣国デビューかと思いきや、予期せず笑いものにされてしまったMayochup……。味は確かなはずだから、自信をもって販売を続けて欲しいものです。

©CNW Group/Kraft Heinz Canada
Reference: National Post
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月にアメリカで販売が開始された「アンハイザー・ブッシュ・インベブ」の「Natural Light Seltzer」が話題になっている。商品名の一部にもあ...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
今回は渋谷にオープンしたばかりの「東京たらこスパゲティ」。お出汁をかけて食べられる珍しいスタイルが大人気のこちらのお店。たらこ好きにはたまらんやつやで。
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
表参道COMMUNEに出店している「SILK FOOD(シルクフード)」で「蚕(かいこ)のお菓子」を食べてきたで!未来のタンパク源として注目を集めている「...
半永久的に使えるハイエンドボトル「比類なき水筒」が、応援購入サービス「Makuake」で9月29日まで販売中。
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となっていた「フォションホテル京都」の開業日が、来年3月に決まった。
iHerb(アイハーブ)おすすめの「クランベリー商品」を3つ紹介。ドライフルーツ、ジャム、グラノーラバーというラインナップです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...