「う●こ」と笑われてしまった
ハインツの人気商品

ハンバーガーショップなどによく置かれている、クラフト・ハインツのケチャップやマスタード。「HEINZ(ハインツ)」という文字に見覚えがある人は多いのではないでしょうか。

その世界的食品メーカーから、去年の秋にアメリカで販売スタートされたのが、「Mayochup」。要はマヨネーズとケチャップが混ざったソースで、日本だと「オーロラソース」と呼ばれたりも。

で、フライドポテトやサンドイッチ、バーガーなどさまざまな食べ物に使えて便利だと人気を博し、お隣のカナダにも上陸!

と、ここまではよかったのですが、なんと一部の人たちの間で“笑われ者”になっているとのこと。というのも、商品名にもあるMayoがカナダの先住民族クリー族の言葉で排泄物を意味する単語「mêyi」に似ているというのです。

華々しく隣国デビューかと思いきや、予期せず笑いものにされてしまったMayochup……。味は確かなはずだから、自信をもって販売を続けて欲しいものです。

©CNW Group/Kraft Heinz Canada
Reference: National Post
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事