「う●こ」と笑われてしまった
ハインツの人気商品

ハンバーガーショップなどによく置かれている、クラフト・ハインツのケチャップやマスタード。「HEINZ(ハインツ)」という文字に見覚えがある人は多いのではないでしょうか。

その世界的食品メーカーから、去年の秋にアメリカで販売スタートされたのが、「Mayochup」。要はマヨネーズとケチャップが混ざったソースで、日本だと「オーロラソース」と呼ばれたりも。

で、フライドポテトやサンドイッチ、バーガーなどさまざまな食べ物に使えて便利だと人気を博し、お隣のカナダにも上陸!

と、ここまではよかったのですが、なんと一部の人たちの間で“笑われ者”になっているとのこと。というのも、商品名にもあるMayoがカナダの先住民族クリー族の言葉で排泄物を意味する単語「mêyi」に似ているというのです。

華々しく隣国デビューかと思いきや、予期せず笑いものにされてしまったMayochup……。味は確かなはずだから、自信をもって販売を続けて欲しいものです。

©CNW Group/Kraft Heinz Canada
Reference: National Post
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
8月にアメリカで販売が開始された「アンハイザー・ブッシュ・インベブ」の「Natural Light Seltzer」が話題になっている。商品名の一部にもあ...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
「ジェラート ピケ」と「ロータスビスコフ」の甘くてオシャレなコラボ。ビスケットみたいなもこもこルームウェアが登場!
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...