「う●こ」と笑われてしまった
ハインツの人気商品

ハンバーガーショップなどによく置かれている、クラフト・ハインツのケチャップやマスタード。「HEINZ(ハインツ)」という文字に見覚えがある人は多いのではないでしょうか。

その世界的食品メーカーから、去年の秋にアメリカで販売スタートされたのが、「Mayochup」。要はマヨネーズとケチャップが混ざったソースで、日本だと「オーロラソース」と呼ばれたりも。

で、フライドポテトやサンドイッチ、バーガーなどさまざまな食べ物に使えて便利だと人気を博し、お隣のカナダにも上陸!

と、ここまではよかったのですが、なんと一部の人たちの間で“笑われ者”になっているとのこと。というのも、商品名にもあるMayoがカナダの先住民族クリー族の言葉で排泄物を意味する単語「mêyi」に似ているというのです。

華々しく隣国デビューかと思いきや、予期せず笑いものにされてしまったMayochup……。味は確かなはずだから、自信をもって販売を続けて欲しいものです。

©CNW Group/Kraft Heinz Canada
Reference: National Post
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
これまで幾度となく世間が注目するPRに成功してきたケンタッキーフライドチキン。そして、そのアイコン的存在である「カーネルおじさん」。先日、DJとして参戦し...
釘のようなものが隠れているネックレスや鋭利なピラミッド型の装飾があるブレスレットをデザイン。くだけた言い方をするなら、オシャレなメリケンサックも販売中です!
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
朝の4時になっても、渋谷・宇田川町のクラブ「CLUB TK SHIBUYA」はお客さんでいっぱい。まだまだ元気がありそうな子に声をかけて、セルフィーを撮っ...
着ぐるみのような洋服のお尻の部分にクッションがついているThinkGeekの「Bean Bag Onesie」。キャッチコピーは「Never stand ...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
イギリスのトーマス・クック航空が「Sleeper Seat」を販売します。5月13日から、エコノミークラスでも横になって寝れるようになるんです。3席を贅沢...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
新時代の幕が開けた今、行ってみたいのは若い子たちが集まるクラブ。今回は渋谷のクラブ「WOMB」から、夜遊び上手でパーティー好きなオンナの子たちをリポートします!
暗闇の中、胸元に光る「yes」のメッセージ。
東京・浅草にある「REEAST ROOM」は、アメリカ発「壊したい放題」のレンタルルーム。食器や空き瓶、小型プリンターなどの家電を揃え、「部屋のものをバッ...
NFLチーム「ニューヨーク・ジャイアンツ」でワイドレシーバーとして活躍するオデル・ベッカム選手は、アメフト界で世紀に一度の天才と呼ばれているほどのスーパー...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...
日本でも展開して欲しいと願いたくなる魅力的なお菓子の企画がアメリカで行われました。加工食品メーカーの「ケロッグ」が製造する大人気のクラッカー「Cheez-...