また食べたい商品は?2020年上半期「ハーゲンダッツ人気ランキング」

例年多くのニューフェイスを輩出する「ハーゲンダッツ」。このコロナ禍においてすら、日本に限定したとしても、今年の上半期だけですでに12種類のアイスクリームを発売している。

先月27日(月)にリリースされたのは、その12種類を対象とした“また食べたい”フレーバーと“食べてみたい”フレーバーのランキング。全国の10〜60代で、月に1回以上ハーゲンダッツを食べる“ハーゲンダッツファン”300人への調査から導き出されたものだ。

結果を見ると、先月23日に発売となった「CREAMY GELATO(クリーミージェラート)」シリーズの「アーモンド&ミルク」が堂々の2冠を獲得。発売間もないながら、すでに大好評を得ていることがわかった。

©ハーゲンダッツ ジャパン
©ハーゲンダッツ ジャパン

それぞれの詳細は、“また食べたい”フレーバーではミニカップの「キャラメルホリック」が2位に、クリスピーサンドの「ザ・キャラメル」が3位にランクインし、キャラメルフレーバーの根強い人気がうかがえる結果に。

一方、“食べてみたい”フレーバーランキングでは、クリーミージェラートシリーズの「ゴールデンパイン&マスカルポーネ」が2位、ミニカップの「白桃」が3位、そしてバーシリーズの「ベリーベリーミルク」が4位に。本格的な夏シーズンを前に、フルーツフレーバーが名を連ねる順位となった。

……とまぁ、いろいろ説明したものの、どれもおいしそうだし、おいしいに違いない。ぜひお気に入りの新商品を見つけてみて。

Top image: © ハーゲンダッツ ジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事