ゴミで家を建てるプロが来日。「究極の自給自足」を伝授します

その名は、マイケル・レイノルズ。

1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家です。

しかも、建物自体もゴミ同然の古タイヤや空ビン、プラスチックボトルなど、再生資源を用いて建ててしまうのだから、超がつくほどストイック。“アースシップ”と呼ばれる彼のオフグリッドハウスでの生活は、“究極の自給自足”なんて形容されているほど。

さて、本題はここからです。

実は、そんな氏が他のインストラクターとともに間もなく来日することが決定。約4週間にわたって、“アースシップ”の建て方を伝授してくれるんです。

1日の大半は建設現場で手ほどきを受けながらの実践形式。その他、“アースシップ”の歴史、電気や配管システムなどの座学も予定されています。

2018年11月5日から12月2日まで、徳島県美馬市の山間部にて開催。滞在費、ランチ代込で2,000ドル(約225,000円)です。高いか安いかは、あなたの意識次第でしょう。問い合わせは、outreach@earthship.comまで。

一般的なサラリーマンの参加は難しそうですが、学生の皆さんいかがですか!?

Top image: © Earthship Biotecture
他の記事を見る
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
海上都市の研究機関Seasteading Instituteは、フランス領ポリネシアと協力し、太平洋に浮かぶ人工都市を作るプロジェクトを進めているそう。完...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
究極のエコステイならNZにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン」。世界60ヶ国を訪れた旅の達人・四角大輔さんにして「これは世界有数のエコレ...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...