【6月21日(日)まで】話題の「Wおどり炊き」のご飯が、銀座で体験できる!

日本人の主食は、言うまでもなくお米。でも、面白いもので、どの炊飯器を使うかで結構味が違いますよね。最近は、いろいろな種類が発売されていますが、今もっとも注目を集めているのがパナソニックの炊飯器「Wおどり炊き」です。

Wおどり炊きの威力
一度食べたらやみつきに!?

「Wおどり炊き」はパナソニック独自の炊き技。竈(かまど)炊きのおいしさを追求し、高火力で、お米をおどらせ炊き上げます。その特徴は、何と言ってもごはんの「甘み」。なんでも、お米は竈の中でおどればおどるほど甘くなるのだとか。しかも、従来の炊飯器で炊いたごはんとは違って一粒一粒がふっくら大粒、しかも、プリッ、モチッとした食感になると評判です。

期間限定、銀座で
「Wおどり炊き」で炊いた
銀シャリが味わえる

1A3A3263-3

パナソニックは、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き」で炊いたごはんを多くの人に味わってもらおうとイベントを開催。その名も「食べ比べ亭」!東京・銀座の銀座米料亭 八代目儀兵衛」とコラボレーションした期間限定の店舗です。普段は土鍋を使って炊いたごはんを提供している老舗米屋の儀兵衛。ですが、「Wおどり炊き」で炊いたごはんの、従来では出せないツヤや甘さに料理長が感動。そしてこのイベントが実現したのだそう。

15_05_16_09_a

イベントの目玉は、米がおどる炊飯器(最新機種)と、おどらない炊飯器(従来品)で炊いたごはんの2種類の食べ比べ!

15_05_16_06

さらに、イベント期間中は通常メニューに加え、食べ比べ亭限定オリジナルランチメニュー「ごはんのお供御膳」が登場。こだわりの博多辛子明太子や浜名湖産のうなぎなど、日本各地のごはんのお供をセットにした豪華メニューです。

食べ比べアンケートに答えて
オリジナルブレンド米をゲット!

link_tabe_お土産 copy

食べ比べセットの試食後、アンケートに答えると、八代目儀兵衛オリジナルブレンド米「翁霞」2合がもらえます。普段なら八代目儀兵衛でしか味わえないお米が家でも食べられるチャンス!

食べたい人はお店に急げ!

btn_idea_150511_16

Sponsored by パナソニック

他の記事を見る
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
忙しく生活しているとなかなか自炊できず、炊いたごはんを冷凍したまま時間が経ってしまい、マズくなってしまうことも……。そんなとき、アレをかけると大復活するんです!
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチ...
ROUTE ZERO〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目13-7 新保ビルB1http://routezero.jp/
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
秋の味覚の一つである「焼き芋」を自宅で簡単に作る方法が、ハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載されています。用意するものは、サツマイモと炊飯器と水のみ。火を...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...