一日5個限定「ジャンボないちご大福」求めて、銀座に朝から大行列ができるワケ

「買わないという選択肢はないやろ……」

笑福亭鶴瓶のあおり文句に流れる「歓喜の歌」(ベートーヴェン交響曲第9番)。年末の風物詩「年末ジャンボ宝くじ」が、今日(20日)から発売開始となる。

が、ここで紹介するのは宝くじではなく、ジャンボないちご大福だ。

大正元年創業の老舗和菓子処「大角玉屋 銀座店」のみで限定販売されるこのいちご大福が、コアな宝くじファンの間で、ちょっとした話題を呼んでいる。

©和菓子処 大角玉屋

名物の元祖いちご大福を3倍サイズにし、銀箔でくるんだ「年末ジャンボ銀座大福」。年末ジャンボ宝くじの発売期間に合わせ11月20日(水)〜12月21日(土)まで、数量限定(一日5個)で発売される。

年末ジャンボ宝くじと、いちご大福。

じつはこれ、高額当選が出ると有名な「西銀座チャンスセンター」から目と鼻の先にある大角玉屋 銀座店が、昨年から実施したジャンボな夢の応援企画。

もともと、チャンスセンターの販売員が大きな福をもたらすゲン担ぎとして食べたいちご大福がきっかけとなり、宝くじファンの間で注目されるようになったそう。

銀座といえば、江戸時代に家康が駿府から銀貨鋳造所を移した場所。銀座の名前にちなんで金ではなく、今年は銀箔でコーティングしたゴージャスな一品。価格は1個777円(税込)と、こちらも縁起のいい数字だ。

宝くじの購入に並ぶのが先か、それともこちらが先か。福を得られるかどうかは……もちろん、神のみぞ知る。

「和菓子処 大角玉屋 銀座店」

【住所】中央区銀座西3-1
【電話】03-3563-1535
【営業時間】10:00〜20:00
【価格】年末ジャンボ銀座大福 1個777円(一日5個限定)

Top image: © 和菓子処 大角玉屋
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事