「アイウェア」で目の動きを読み取り、あらゆる電子機器をコントロールする

「アイウェア型デバイス」によって、画像の撮影やメールの送受信、音楽の再生のほか、照明、テレビ、エアコン、車イス、ロボット、ドローンと、身のまわりのものを操れるようになると言われています。

その一歩となる開発イベントの開催を2月に予定しているプロジェクト「FOLLOW YOUR VISION」は、頭と目の動きから脳の働きを推測したり、センサーで体の動作などの情報を管理できるメガネ「JINS MEME」を使用して、瞬きや視線の動きで電子機器を遠隔操作しようという試みです。

すべての人に、表現の自由を

動画に出演している男性は、一般社団法人WITH ALSの武藤 将胤(むとう・まさたね)代表です。2013年にALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症しました。DJを始めたばかりでしたが、いまでは手を使ってプレイすることができなくなりました。

そこで、DJやVJを続けるために、ALS発症後もその機能を保てると言われている「眼球」を生かしたこのプロジェクトを発起。2月のハッカソンイベントでは、開発者のアイデアや技術を募り、優秀作品を世界最大級の音楽見本市「SXSW」に展示する予定です。

すでに商品化されているアイウェア型のデバイスを使うため、より身近に感じられるところも、注目されている理由のひとつかもしれません。春以降に、無料のAndroidアプリを公開し、世界中の開発者のフィードバックをもとに発展させていきます。ALS患者だけでなく、高齢者の生活サポートにも応用できると考えられています。

アイデアや技術は「知のドネーション」と呼ばれています。アイウェアによる遠隔操作で、一体どんなことができるようになるでしょうか。この機会に、その可能性を考えてみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission by 一般社団法人WITH ALS
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てる、ボタン型のIoTデバイス「kotobo」。
「旅先にメガネやサングラスを何本ももっていきたいけど、破損が心配」。そんな人にオススメしたい「WARBY PARKER」の「Parker Travel C...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
バングル型のIoTデバイス『SoundMoovz』は、踊ることで音楽を演奏できる楽器。世界17カ国に40万台を出荷した大ヒット商品。逆輸入されるようにして...
4月22日、アメリカ「カリフォルニア工科大学」のメディカルエンジニアリングを専門とする研究チームが、人間の肌に貼り付けて使用する「電子皮膚」を開発したと発...
メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決ま...
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
社会現象となった昨年夏の「アイスバケットチャレンジ」。各界の著名人から市井の人々まで、だれもが頭から氷水をかぶりました。「Elite Daily」に掲載さ...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者らが「2度のまばたき」によって見ている対象物にズームインするコンタクトレンズを科学雑誌に発表。
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
あらゆるものを透明にできる光線をオーストリアのウィーン工科大学が開発し、コンピュータシミュレーションを成功させた。光線を当てたものの性質を変え、光を屈折さ...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
脂肪燃焼効果が期待できるという有酸素運動。この記事では、有酸素運動の意味やメリット、自宅で簡単にできる有酸素運動についてご紹介していきます。