三十路を過ぎたら控えたい「8つのファッション」とは?

年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。

ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30代になったら着るのを控えたいファッションを紹介します。以下、参考にしてみては?

01.
お腹冷えちゃいますよ〜!
「クロップドトップス」

shutterstock_338462240_2

夏の定番ファッション、おへそのチラ見せ。風邪ひちゃいます。

02.
欲求不満に見えてしまう
「ミニスカート&ショートパンツ」

スカートを履くのであれば、せめて膝丈まであるものを。

03.
“セレブ感”を出すため?
「デカすぎサングラス」

shutterstock_276304994_2サングラスっていろんなデザインがあるから、洋服に合わせてコーディネートすると楽しいですよね。でも、とにかく大きければいいというのではありません。

04.
サイズが合っていない
「安物のブラジャー」

見えないからいいでしょ、なんてブラジャーを御座なりにしていてはいけません。「彼氏が欲しいのになかなか…」、と悩んでいるのであればなおさら。

自分の体にピッタリ合った、つけ心地の良いブラを身にまとうと、心身ともにポジティブになって、運気がアップ!

05.
“頑張ってる感”が半端じゃない
「高さ10cm以上のヒール」

shutterstock_189508238_2高ければ高くなるほど脚への負担は大くなります。無理はしないようにしましょう。20代のような無茶は厳禁です。

06.
子供っぽさに、違和感が…
「ジャンプスーツ」

オーバーオール然り。若い時はおちゃめで可愛いんですけどね。

07.
大きすぎるのはダメ
「フープピアス・イヤリング」

shutterstock_2674916_2女性らしさをプラスしてくれるアクセサリーは毎日のコーディネートに必要不可欠です。といっても、チョイスを間違えれば逆効果。大きさをよく確かめましょう。

08.
目立ちすぎ!
「キラキラパンツ」

日常生活では良くない目立ちかたをしてしまうので、着ないのが得策です。

Licensed material used with permission by Amerikanki

他の記事を見る
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
2016年に誕生したgaugeが創り出すのは、“あなただけ”のハイヒール。デザインはもとより、長さ、横幅、振り角(カーブ)までもが掛け合わされると、その数...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...