日本最古のジーンズブランドを知っていますか?

いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知られている。では、日本で初めてジーンズが作られたのは、いつのことかご存知だろうか?

「これだけアメリカの中古が売れるなら
自分で作ったらいいじゃないか」

520a3866a4e2b307c550a9791790849ad23e9149

千葉県にあるジーパンセンターサカイで展示されている1960年代当時のCANTONのジーンズ。犬のキャラクターを裏側にプリントしていた。当時のモデル。

じつは、それは東京オリンピック開催前年の1963年のこと。「CANTON(キャントン)」というブランド名で日本初の国産ジーンズが発売された。当時、すでに日本でもジーンズは人気となっていたが、ほとんどがアメリカからの中古の輸入品。みんな、それを直して履いていたのだ。

そんななか、ジーンズの輸入を手がけていた大石貿易という会社が、「これだけ売れるなら自分で作ったらいいじゃないか」と国産ジーンズの開発に着手する。

A04eef6f52945f4331aae1eae8a4c4ee0f56a213

写真は、1980年代に一時復刻していたCANTON。

瞬く間に日本を席巻した
伝説の「CANTON」

当時の日本では、当然、ジーンズに使われるデニム生地は生産されていなかったため、大石貿易はアメリカで品質の高い生地を探す。その結果、たどり着いたのが、「キャントンミルズ」という生地メーカー。この会社の生地を使うことが可能となった後、本場のジーンズを参考に、パターンや縫製方法を徹底的に研究。ついに国産ジーンズ第1号が完成する。ブランド名には、生地メーカーの名前をそのまま冠した。

本格的な品質と日本人の体型にあったシルエットを持ったCANTONのジーンズは、瞬く間に日本を席巻した。好調だったCANTONだが、その最中にキャントンミルズ社とブランド名の使用に関して裁判となってしまう。大石貿易は勝訴したものの、CANTONブランドの使用をやめてしまう。その後、後発の国産ジーンズブランドの台頭や時代の感覚の変化により、大石貿易の業績は次第に悪化。そして、誕生からわずか5年で表舞台から姿を消し、伝説のように語り継がれることとなる。

43feb7aa2f95360504aaeaae85069de9087dfc5b39daddad4c18b9664fa445e0205c579fdadb7afc

上は国産ジーンズ誕生の年を冠して、「1963XX」と名付けられたモデル。素材やディテールにこだわり抜いた本格派。下は“MADE IN JAPAN”を主張するタグ。

「メイド・イン・ジャパン」のプライドが
通用するか確かめたかった

そんなCANTONが、実は40年以上もの長い時を経て、2008年に復活を果たしている。当時を知る人々が、その功績をリスペクトして、「CANTON OVERALLS」という新たな形で甦らせたのだ。繊維商社「豊島」でCANTON OVERALLSのディレクターを務める佐藤健二氏は語る。

「いまのジーンズのマーケットを見たとき、本当にジーンズに想いを込めて作っているメーカーは多くない。そんな時代だからこそ“メイド・イン・ジャパン”のプライドが通用するか確かめたかった。『CANTON』を復活させるなら、いましかないと思ったんです。物真似でもなく、当時の再現でもない。未来に向かって新しい商品を作りたいという想いのもと、ものづくりをしています」

D32523f9522b866e19b1d8e7bf676e284c98ebfb406b68a547de88a5301fd68353156b4d64d26ae8

現代のCANTON OVERALLSは、濃紺のツナギやクレイジーパターンの7分丈など、ジーンズの既成概念に挑戦する個性的なアイテムも手がける。

日本初の国産ジーンズの名を受け継いだ「CANTON OVERALLS」は、それにふさわしい先進的なジーンズを作り続けており、そのユニークなデザインは、多くの芸能人やファッションリーダーも虜にしている。

日本のファッション黎明期に想いを馳せながら、足を通してみてはどうだろう?

Licensed material used with permission by CANTON
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
JAPAN LOCAL編集部員によるAirbnb「体験」の体験、第2弾! 前回の味噌作りとは打って変わって、今回は鎌倉で日本舞踊を習ってきました。もちろん...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
千葉県大多喜町にて、日本初のボタニカル・ブランデーを作る試みが始まっている。2015年に閉園した千葉県立薬草園跡地を2017年春に引き継ぎ、 日本初のボタ...