日本最古のジーンズブランドを知っていますか?

いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知られている。では、日本で初めてジーンズが作られたのは、いつのことかご存知だろうか?

「これだけアメリカの中古が売れるなら
自分で作ったらいいじゃないか」

千葉県にあるジーパンセンターサカイで展示されている1960年代当時のCANTONのジーンズ。犬のキャラクターを裏側にプリントしていた。当時のモデル。

じつは、それは東京オリンピック開催前年の1963年のこと。「CANTON(キャントン)」というブランド名で日本初の国産ジーンズが発売された。当時、すでに日本でもジーンズは人気となっていたが、ほとんどがアメリカからの中古の輸入品。みんな、それを直して履いていたのだ。

そんななか、ジーンズの輸入を手がけていた大石貿易という会社が、「これだけ売れるなら自分で作ったらいいじゃないか」と国産ジーンズの開発に着手する。

写真は、1980年代に一時復刻していたCANTON。

瞬く間に日本を席巻した
伝説の「CANTON」

当時の日本では、当然、ジーンズに使われるデニム生地は生産されていなかったため、大石貿易はアメリカで品質の高い生地を探す。その結果、たどり着いたのが、「キャントンミルズ」という生地メーカー。この会社の生地を使うことが可能となった後、本場のジーンズを参考に、パターンや縫製方法を徹底的に研究。ついに国産ジーンズ第1号が完成する。ブランド名には、生地メーカーの名前をそのまま冠した。

本格的な品質と日本人の体型にあったシルエットを持ったCANTONのジーンズは、瞬く間に日本を席巻した。好調だったCANTONだが、その最中にキャントンミルズ社とブランド名の使用に関して裁判となってしまう。大石貿易は勝訴したものの、CANTONブランドの使用をやめてしまう。その後、後発の国産ジーンズブランドの台頭や時代の感覚の変化により、大石貿易の業績は次第に悪化。そして、誕生からわずか5年で表舞台から姿を消し、伝説のように語り継がれることとなる。

上は国産ジーンズ誕生の年を冠して、「1963XX」と名付けられたモデル。素材やディテールにこだわり抜いた本格派。下は“MADE IN JAPAN”を主張するタグ。

「メイド・イン・ジャパン」のプライドが
通用するか確かめたかった

そんなCANTONが、実は40年以上もの長い時を経て、2008年に復活を果たしている。当時を知る人々が、その功績をリスペクトして、「CANTON OVERALLS」という新たな形で甦らせたのだ。繊維商社「豊島」でCANTON OVERALLSのディレクターを務める佐藤健二氏は語る。

「いまのジーンズのマーケットを見たとき、本当にジーンズに想いを込めて作っているメーカーは多くない。そんな時代だからこそ“メイド・イン・ジャパン”のプライドが通用するか確かめたかった。『CANTON』を復活させるなら、いましかないと思ったんです。物真似でもなく、当時の再現でもない。未来に向かって新しい商品を作りたいという想いのもと、ものづくりをしています」

現代のCANTON OVERALLSは、濃紺のツナギやクレイジーパターンの7分丈など、ジーンズの既成概念に挑戦する個性的なアイテムも手がける。

日本初の国産ジーンズの名を受け継いだ「CANTON OVERALLS」は、それにふさわしい先進的なジーンズを作り続けており、そのユニークなデザインは、多くの芸能人やファッションリーダーも虜にしている。

日本のファッション黎明期に想いを馳せながら、足を通してみてはどうだろう?

Licensed material used with permission by CANTON
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...