ジーパンのデメリットをすべて解消したから、名前は「パンジー」

夏は、白シャツにジーパン。冬は、黒のタートルネックにジーパン。
僕の服装は、だいたいこんな感じ。

ジーパンを欠かせない生活を送るなかで、おしゃれでなくてもいいから、機能性の高いものが欲しいとずっと思っていた。そんな願いを形にしてくれたのが、新しい時代のジーパン「パンジー」だ。

使いやすいものを、つくる

4a719b0c7edc679e0b9be5b5b6a160494ce7b1bb

ジーパンを、アップデートする——。

ALL YOURS」は、デザインやトレンドを気にせず、「使いやすさ」を追求している会社だ。ジーパンのすべてのデメリットを解消した、というその特徴が、こちら。

【色が変わらない】
買ったときの状態が、長く続く。色落ちをさせて自分色にすることにこだわりのないユーザーにとっては、ありがたい。

【洗濯後の乾きが早い】
3時間の部屋干しで、完全に乾く。寝る前に洗濯して、翌朝には着ることができる。

【伸び縮みする】
軽くて動きやすいため、締め付け感がなく着ていて疲れない。

【見た目は天然繊維】
化学繊維でできているため、シワになりにくく型崩れしない。

パンジーは、「ちょっとだけ不便だけどそれが当たり前」になっていた部分をアップデートした、新しい時代のジーパンなのだ。

415989caf2b4ae166ad539288806b6c09c7c132c29b927ac6f5e20dcefc26357fa9873a83eb50c2c

地方の工場と、つくる

洋服を、ファッションではなく、道具としてとらえたものづくり。道具であるからには、便利で生活の質を向上させるものを作っていきたい。そんな思いを一緒に形にしているのは、熟練の技術で高品質の素材を生産する地方の工場である。

パンジーの生地開発をするのは、石川県にある「丸井織物株式会社」。繊維企業とIT企業のふたつの顔を持ち、革新的な生地を生み出しているという。

2ee33fbab773806715e2fd53543802343efbe9d8

縫製を担当するのは、岡山県にある「塩田被服興業株式会社」。レプリカジーンズといわれる、昔ながらのヴィンテージ仕様の縫製を得意とする、1966年創業の会社だ。

15cf5d4bb3fe71da244cc7ae97f61f1905a99aea

最後の仕上げ加工は、同じく岡山県にある「豊和株式会社」。ホームページに「新品を古着にしたのは豊和でした」とあるように、ジーンズにユーズド加工の価値をつけた専門店。

本当に必要なものを、つくる。新しいアイデアと、長い年月をかけて磨かれた技術が融合して、パンジーは生まれたのだ。

……着てみたい! つい欲しい気持ちが高まり、池尻大橋にある店舗へ試着に行ってきた。

9ce2733e8f45a01c2588955649813f4f96afaf04

「チャリ、乗りやすそう!」

ストレッチが効き、軽くてゆったりしたパンジーは、自転車通勤の僕にはもってこいの着心地。スタッフさんとの会話も弾み、試着したまま気づくと1時間。脱ぐのが名残り惜しくなっていた。「サヨナラ、ジーパン!」。

ALL YOURSは現在、CAMPFIREで「24ヶ月間連続クラウドファンディング」に挑戦中。2ヶ月に一度、新商品を発表している。その第4弾が、この「パンジー」というわけだ。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...