独学とは思えないクオリティーのお菓子に脱帽。

先日、Instagramを見ていると、一瞬にしてあるお菓子に心を奪われてしまった。手の平よりもずっと小さいソレに情熱を注ぐRaymond Tanさんは、独学でここまでのクオリティーに仕上げたのだという。さらに驚きなのは、余ったケーキの欠片を材料にしていること。

なんでも、あまり興味がなかった会計学の勉強をしていた片手間につくり始めたというから、元々相当なセンスがあったに違いない。

ある意味芸術とも言えるお菓子、どうぞ。

あ〜食べるのが勿体ない!

このアイデア、一体どこから湧いてくるのだろう?

「友人らがイベントやパーティーの時に、つくるよう頼んでくるんだけど、その時にアイデアを提案してくれることがある。あとは、現在のフードトレンドやファッション、季節、自然などがヒントになることがあるよ」

私の問いに、こう答えてくれたRaymondさん。写真を見てお腹を空かせてしまった人は、彼のInstagramを覗くとさらにお腹が空いてしまうだろうから、要注意!

Licensed material used with permission by Raymond Tan
食べるたびに、気持ちが「きゅっと」なりそうです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「原価を気にせず手間暇かけて本当に美味しいお菓子だけを作りたい」そんな想いを持つお菓子職人たちがつくりあげた「自分史上最高傑作」。それが大阪発のお菓子ブラ...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。