独学とは思えないクオリティーのお菓子に脱帽。

先日、Instagramを見ていると、一瞬にしてあるお菓子に心を奪われてしまった。手の平よりもずっと小さいソレに情熱を注ぐRaymond Tanさんは、独学でここまでのクオリティーに仕上げたのだという。さらに驚きなのは、余ったケーキの欠片を材料にしていること。

なんでも、あまり興味がなかった会計学の勉強をしていた片手間につくり始めたというから、元々相当なセンスがあったに違いない。

ある意味芸術とも言えるお菓子、どうぞ。

あ〜食べるのが勿体ない!

このアイデア、一体どこから湧いてくるのだろう?

「友人らがイベントやパーティーの時に、つくるよう頼んでくるんだけど、その時にアイデアを提案してくれることがある。あとは、現在のフードトレンドやファッション、季節、自然などがヒントになることがあるよ」

私の問いに、こう答えてくれたRaymondさん。写真を見てお腹を空かせてしまった人は、彼のInstagramを覗くとさらにお腹が空いてしまうだろうから、要注意!

Licensed material used with permission by Raymond Tan
食べるたびに、気持ちが「きゅっと」なりそうです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
大切に作られたものだから、大事な人に贈りたくなる。そんなお菓子です。
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
自分や家族が他人に迷惑をかけてしまったので、お詫びをしに伺うとき。やはり手ぶらというわけにはいかないので、なにかお詫びの品を持って行くことになります。品物...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
要注意!甘い香りが写真の奥から匂い立ってきますよ。マフィン、フィナンシェ、カップケーキ、ドーナツ、パイに、アイスクリーム。お菓子好き、さらにはつくるのも好...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?...