さりげなく周りに差をつけられる「スマートウォッチ」

いまや「Apple Watch」を身につけている人がいても、特別視はされません。

それくらい、スマートウォッチが僕たちの生活に浸透しているのでしょう。家電量販店でもたくさんの製品が売られています。

ラインナップから判断すると、機能が推されていた数年前とは異なり、最近は見た目にもこだわっている時計がトレンドのようです。

LunaR」もまた、同じ流れを受けたアイテム。しかも、自動充電という機能もあるそう。

見た目からは想像できない
最先端テクノロジーを搭載

改めて説明すると、「LunaR」は秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチ。

液晶パネルはありませんが、メッセージやSNS、スケジュールのチェックも当然可能です。

例えば、電話が来たら、振動とライトを使ってあなたにお知らせ。1日に歩いた時間や距離、消費したカロリー、睡眠パターンを記録してくれるなんてことも。

これらのスペックを最大限に引き出してくれるのが、自動充電です。

文字盤のところに透明のソーラーパネルを採用していて、いつでも勝手にバッテリーをチャージしてくれるとのこと。ちなみに、室内灯でも充電できます

現在、クラウドファンディングサイト『Kibidango』で資金調達中

すでに目標額以上のサポートを受けているので、確実に購入できるそうですよ。

Licensed material used with permission by Kibidango
太陽光&自然灯りによる充電が可能なアナログタイプのスマートウォッチ「LunaR 」が、4月限定で15%OFFで発売中。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
スマートウォッチとワイヤレスイヤホンを融合させたウェアラブルガジェット「Wearbuds」が開発。スマートウォッチにイヤホンの充電機能を持たせ、抜群の音質...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
にぎやかなデザインも悪くはない。けれど、サステナブルが注目される時代性を反映したデザインは意識したい。そんな世の流れを分かっている人にこそスウォッチの「S...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
昔のキーワード「シンプル・イズ・ベスト」は、僕たちの世代じゃ“ミニマリズム”として定番に。そんなミニマリストにぴったりのデザインといったスウォッチの最新モ...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...