さりげなく周りに差をつけられる「スマートウォッチ」

いまや「Apple Watch」を身につけている人がいても、特別視はされません。

それくらい、スマートウォッチが僕たちの生活に浸透しているのでしょう。家電量販店でもたくさんの製品が売られています。

ラインナップから判断すると、機能が推されていた数年前とは異なり、最近は見た目にもこだわっている時計がトレンドのようです。

LunaR」もまた、同じ流れを受けたアイテム。しかも、自動充電という機能もあるそう。

見た目からは想像できない
最先端テクノロジーを搭載

改めて説明すると、「LunaR」は秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチ。

液晶パネルはありませんが、メッセージやSNS、スケジュールのチェックも当然可能です。

例えば、電話が来たら、振動とライトを使ってあなたにお知らせ。1日に歩いた時間や距離、消費したカロリー、睡眠パターンを記録してくれるなんてことも。

これらのスペックを最大限に引き出してくれるのが、自動充電です。

文字盤のところに透明のソーラーパネルを採用していて、いつでも勝手にバッテリーをチャージしてくれるとのこと。ちなみに、室内灯でも充電できます

現在、クラウドファンディングサイト『Kibidango』で資金調達中

すでに目標額以上のサポートを受けているので、確実に購入できるそうですよ。

Licensed material used with permission by Kibidango
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。