「自律的な子ども」に育てるためのスマートウォッチ

朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える──。

毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、大人なら当然無意識のうちにできてしまうことですが、子どもだと結構大変。そこで、こんな子ども向けスマートウォッチが開発されました。

今、何をやらないと
いけないんだっけ?

この「Octopus Watch」は、子どもにスケジュールを知らせて、自律的な行動を促します。

決まった時間になると、ごはんや歯磨きなど、いますべきことを教えてくれます。アイコンで表示されるので、まだ字を読むのが難しい子どもでも直感的にわかるはず。

ペットのエサやりなどの忘れてしまいやすいことも、しっかりリマインドしてくれます。

やるべきことが終わったら、カチッとスイッチを押します。すると「終わった印」のチェックマークが表示され、その情報が親のスマホにも送られます。

親は子どもがやることをきちんとやったか確認できるし、子どもも「やった!」という達成感を味わうことができるのです。

子どもに自律的な行動を促すことで、親が子どもに口うるさく言う必要がなくなります。家族で笑って過ごせる時間が増えるかも。

選べるアイコンの数は500個以上。設定はスマホからカスタマイズ可能。スケジュールはいつでも変更可能なので、成長に合わせて変えていくこともできます。

一つ目おばけの
充電器も可愛い

この「Octopus Watch」、見た目が可愛いのもポイント。

時計自体のカラフルでポップなデザインはもちろん、充電スタンドも一つ目のタコのような形で、遊び心にあふれています。まだ英語版のみのようなので、日本語版も開発されるとうれしいですね。

Licensed material used with permission by JOY
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...