「太陽光で充電できる補聴器」を世界中に届ける、18歳のスタンフォード大生

太陽光で充電できる「補聴器」を、発展途上国の子どもたちへと広めている女性がいる。グレイス・オブリエンさんは、スタンフォード大学に通う18歳だ。

太陽光で充電できる補聴器を
発展途上国の子どもたちへ

従来の一般的な補聴器は、本体価格が1000ドル(約12万2500円)以上と高価なものだった。さらに、電池代が週に2ドル(約250円)かかることを考えると、途上国での利用が現実的ではないのは、想像に難くないはずだ。

一方、彼女が途上国へと送っている「Solar Ear」は100ドル(約1万2000円)。バッテリーは太陽光やコンセントから充電できるため、購入後にコストがかかることはほとんどない。寿命も3年とこれまでの機器と比べても遜色はない。価格を考慮すればどちらが経済的かは明白だ。

子どもたちに
教育の機会を

世界には、まだまだ聴覚障がいのある子どもたちに対応した学校や住まいが十分に提供できていない地域がたくさんある。だからこそ、補聴器の有無で彼らの生活は大きく変わるわけだ。

彼女はクラウドファンディングサイト「GoFundMe」などを使って資金を調達し、世界中の子どもへと補聴器を届ける。

Take Partには、そんなオブリエンさんのコメントが掲載されている。

「自分がどうなりたいのかはわかりませんが、なにか素晴らしい存在ではありたいと思っています。これは、自分の行動を確かめてポジティブに前進できる道を選びたいという意味です」

彼女は、ボランティア精神に溢れる家族に囲まれて育ったそうだ。日曜日には恵まれない人々へ食事を配ったり、病院で使えるブランケットを作っていた。

ある時、彼女は脳に腫瘍ができた父親が聴力を失ったことをきっかけに、聴覚障がいでコミュニケーションがどれだけ難しくなるかを知った。

その後のボランティア活動を通じて聴力障がいのある子どもたちと触れ合いながら、音がいかに人と人の繋がりを学ぶために重要なのかを認識したという。

いつしか、彼女は「Solar Ear」の創業者と共に途上国の子どもたちへと製品を届けるために、プロジェクトの開始を決意。そして、14歳にして立ち上げた非営利団体が「Ears For Years」だ。

 

 

「わたしはまだ若いので、いろいろな道を選ぶことができます。でも、それがどんな方向であれ、ポジティブな変化を生み出していきたいと思っています」

補聴器はすでにブラジル、中国、メキシコ、ロシア、シンガポールで製造が始まっている。現場では従業員として聴覚障がいのある人々も働いている。プロジェクトの詳細や寄付については、WEBサイトで確認できる。

 

 

Reference:GoFundMe,
Licensed material used with permission by Grace O'Brien/Howard Weinstein, Take Part, Solar Ear
take_part_logo_closed_100313 (1)
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
生まれつき耳が聞こえないCharlyちゃんは、ある日補聴器を付けて、初めて「音」や「声」を聞くことに。「こんにちわ」「愛しているわ」というお母さんの呼びか...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
マインドフルネス支援アプリ「Relook(リルック)」が今月から、より手軽に継続してもらうことを目的に、1日10秒でできるマインドフルネスを紹介した7日間...
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
建築家トム・メインの率いる建築事務所「モーフォシス」が、ロサンゼルスに建設予定である大型施設のデザインを公開した。
アメリカ東海岸で生まれた「Timberland(ティンバーランド)」が、2020年春夏コレクションの一部として、サステイナブルなワークウェアを発表した。
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...