うまい酒を楽しむための「定期購読ボックス」

定期購読するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみと聞いて食指が動いた。

「新しいエキサイティングな食体験の提供」をモットーに、アメリカの食品会社「Mantry」は、専門家とともに厳選した最高の食材を届けるという。その中身がキニナル!

2ヶ月に1度届く
プレミアムな食材6種類

Mantryボックスの中身は6種類の食材。バリエーションがおもしろい。

たとえばチョリソーやビーンディップなど、そのままおつまみとして食べられるものから、ホットハニー、ハーブソルトといった料理に応用できる調味料まで。普段から料理をつくり楽しむ層にも、食べるメインのユーザー層にも、汎用性はかなり高そう。

ちなみに、ボックス内には食材のほか、レシピ集付き(ゆえの定期購読でもある)。食材をよりおいしくいただくテクニックがプロダクトに合わせて届くわけだから、レパートリーもその都度増えていく設計がニクい。

うまい酒を楽しむための“宝箱”

個人的に刺さるのは、おいしいお酒を飲みながら楽しめる食材というセレクト感。2ヶ月に一度の宅配ペースも、ちょうど食材を使い切る頃を見越してのもの。わかってるなあ。

そうそう、レシピはMantryの公式サイトにも公開されているので、料理レベルがどの程度のものかはそこからチェックを。

ここも男ごころをくすぐられちゃいました(笑)。
ワインを入れていそうなこの木箱で届くってのもいいじゃない。初回パックだけっていうノベルティーだけど。

それこそスパイスのように日常に刺激を与えてくれそう。ただ、この定期便のサプライズボックス(約6,400円)、残念ながら現時点ではアメリカ国内のみの配送。今後もエクスパンドしていけば、きっと日本も対応してくれる日がくる!と信じて待ちたいなあ。

Licensed material used with permission by Mantry Inc
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
大手ファストフードチェーン店「ジャック・イン・ザ・ボックス」のキャラクター変更には、世間を揺るがした大事件が関係してた!
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。