うまい酒を楽しむための「定期購読ボックス」

定期購読するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみと聞いて食指が動いた。

「新しいエキサイティングな食体験の提供」をモットーに、アメリカの食品会社「Mantry」は、専門家とともに厳選した最高の食材を届けるという。その中身がキニナル!

2ヶ月に1度届く
プレミアムな食材6種類

Mantryボックスの中身は6種類の食材。バリエーションがおもしろい。

たとえばチョリソーやビーンディップなど、そのままおつまみとして食べられるものから、ホットハニー、ハーブソルトといった料理に応用できる調味料まで。普段から料理をつくり楽しむ層にも、食べるメインのユーザー層にも、汎用性はかなり高そう。

ちなみに、ボックス内には食材のほか、レシピ集付き(ゆえの定期購読でもある)。食材をよりおいしくいただくテクニックがプロダクトに合わせて届くわけだから、レパートリーもその都度増えていく設計がニクい。

うまい酒を楽しむための“宝箱”

個人的に刺さるのは、おいしいお酒を飲みながら楽しめる食材というセレクト感。2ヶ月に一度の宅配ペースも、ちょうど食材を使い切る頃を見越してのもの。わかってるなあ。

そうそう、レシピはMantryの公式サイトにも公開されているので、料理レベルがどの程度のものかはそこからチェックを。

ここも男ごころをくすぐられちゃいました(笑)。
ワインを入れていそうなこの木箱で届くってのもいいじゃない。初回パックだけっていうノベルティーだけど。

それこそスパイスのように日常に刺激を与えてくれそう。ただ、この定期便のサプライズボックス(約6,400円)、残念ながら現時点ではアメリカ国内のみの配送。今後もエクスパンドしていけば、きっと日本も対応してくれる日がくる!と信じて待ちたいなあ。

Licensed material used with permission by Mantry Inc
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
お酒、おつまみ、寒さ対策、お花見の準備できてます?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
親子でビートボックスをしてる時点でファンキーですが、この動画のバトルの何が凄いってとにかくハイレベルすぎるんです!特に、動画後半(#01分56秒から)は鳥...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...