「インクのいらないペン」ダヴィンチ没後500年記念モデルが発売中

今年は、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家、レオナルド・ダヴィンチ(1452〜1519)没後500周年にあたる特別な年。それを記念して世界各国で彼の功績を讃える催しがおこなわれている。

これに伴い、インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」の没後500周年モデルが日本でも販売されることになった。イタリアの老舗カロッツェリア「ピニンファリーナ」がデザインした特別限定品だ。

フェラーリのデザインも担当する同社がデザインしたこのインクレスペンは、その優れた造形美もさることながら、インクを使わずに筆跡を残せるので永遠に使い続けられる実用性の高さも自慢。

さらにこの限定モデルには、ダヴィンチが度々使用したミステリアスな「鏡文字」のサインが印字されており、また、ダヴィンチの自画像が描かれたペン立てにもなる木箱が付属。

ストーンペーパーのメモ帳が着いたBOXセットもあり、どれもクオリティの高い仕上がりになっている。

©ダイヤモンド株式会社

『500周年限定インクレスペン』
【内容】ペン本体+特性ケース
【価格】1万8000円(税抜)

Top image: © ダイヤモンド
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

9月25日、スターバックスは公式オンラインストアにて、かざすだけで決済できる「Starbucks Touchシリーズ」の新商品「The Pen」の発売をス...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
「Makuake」にて販売中の「卓上フィジェットペン」は、クリエイティブを促進するアイデアツール。デスクワークなどの休憩の際にシュッと回せば、気持ちの切り...
イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられ...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
米造形作家による作品です。
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。