「三島由紀夫の肉声」で朗読1時間45分!没後50年に秘蔵音源が公開中

再来週の11月25日(水)は、作家・三島由紀夫が市ヶ谷の陸上自衛隊駐屯地で割腹自殺を遂げてから半世紀となる命日。

三島の主要作品を刊行してきた「新潮社」は、没後50年となる記念の年に、さまざまな取り組みを実施している。

そのなかでも注目は、彼の「肉声」の公開だろう。三島由紀夫が自身の戯曲『わが友ヒットラー』を朗読する1時間45分の秘蔵音源をフル公開

無料で聴ける公式YouTubeチャンネルは、特設WEBサイトでも公開中。2021年1月31日までの期間限定となるので、お聴き逃しなく!

© 新潮社 / YouTube

『特別WEBサイト「初めて出会う 新・三島由紀夫」』
【URL】
https://www.shinchosha.co.jp/shin-mishima/

Top image: © 新潮社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事