紫外線量を色の変化で知らせてくれる「キッズTシャツ」

オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、紫外線にさらされた量に応じて袖の色が変わる子ども用のTシャツを開発!

色の変わるタイミングは、独自のテクノロジーにより調整してつくることが可能。日焼けをしやすい人や肌にすぐシミができてしまう人など、日焼けの仕方にはいろんなタイプの人がいますからね。

それに、晴れの日には誰でも注意しやすいけど、曇りの日の紫外線量って肌感じゃ判断できませんよね。そんなときにこのTシャツは活躍してくれるのでしょう。

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、現在、約4900円(38ユーロ)から支援可能です。

Top image: © 2018 adam & aoki
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
CONVERSE(コンバース)とCHINATOWN MARKET(チャイナタウンマーケット)のコラボスニーカーが発売され、即完売となった。紫外線を浴びると...
最新の紫外線対策として「池袋さくらクリニック」が開発した「高Cacao(カカオ)点滴」を紹介。肌のうるおいを高めたり、紫外線で受ける肌ダメージを予防・修復...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
Johnson & Johnsonが先日発表した「ACUVUE OASYS with Transitions」は、UVカットとブルーライトカットの機能があ...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
北欧を中心に展開するセレクトショップ「Carlings」が話題だ。中央に書かれたロゴがInstagramのARフィルターで認識するためのトリガーとなってお...
「ZOZOTOWN」で、グリーンバックの特徴を活かし、画像や映像の素材を用いてデザインが変えられるオリジナルのTシャツが発売。特設サイトでは楽しみ方の提案...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
現在、「ディーゼル」はフロリダ州マイアミにマンションを建設している。12月3日、彼らはその設立記念として「史上最高額のTシャツ」を売り出すと発表した。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
首元がヨレたり全体的に色褪せた状態の方が、その魅力がより一層引き立ちそう。
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
米衣料品メーカー「HercLéon」社が開発した「Apollo Travel T-shirts」。独自素材が、臭いの原因となるバクテリアを抑制、殺菌、セル...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
SNSで15万いいねの反響を得た、クリエイター docco(@doccoina )氏の人気アート「猫吸い 」を描いたTシャツが5月15日より販売スタート。...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。