紫外線量を色の変化で知らせてくれる「キッズTシャツ」

オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、紫外線にさらされた量に応じて袖の色が変わる子ども用のTシャツを開発!

色の変わるタイミングは、独自のテクノロジーにより調整してつくることが可能。日焼けをしやすい人や肌にすぐシミができてしまう人など、日焼けの仕方にはいろんなタイプの人がいますからね。

それに、晴れの日には誰でも注意しやすいけど、曇りの日の紫外線量って肌感じゃ判断できませんよね。そんなときにこのTシャツは活躍してくれるのでしょう。

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、現在、約4900円(38ユーロ)から支援可能です。

Top image: © 2018 adam & aoki
他の記事を見る
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
Johnson & Johnsonが先日発表した「ACUVUE OASYS with Transitions」は、UVカットとブルーライトカットの機能があ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
首元がヨレたり全体的に色褪せた状態の方が、その魅力がより一層引き立ちそう。
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあ...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
ポリエステル100%でドライな質感はこれからの季節にぴったり。コットンのしっとりとした心地よさとはまた違った快適性だ。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...