肌のシミを予防したいなら「夜食」を控えるべき。(研究結果)

くもりや雨の日でも紫外線対策を怠ってはいけない。そんなことは、特に美容を意識していなくとも、知っていることでしょう。ただし、肌のシミに「夜食」が関係していることを知っている人はどれだけいるでしょうか?

食生活が乱れると
紫外線の影響を受けやすくなる

飲み会後の締めのラーメンやお茶漬け。小腹が減ったときのアイスやポテチ。夜中でも、つい食べてしまうのは僕だけじゃないはず。

テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンターの発表によれば、食べるべき時間に食事をとらないと、紫外線の影響を受けやすくなるそうです。

この結論を導き出した実験をかいつまんで説明すると、夜行性であるにも関わらず日中に食事をしたマウスは、夜に食事をしたマウスに比べて、日中に浴びる紫外線B波(UVB)の影響を受けやすくなりました。

不規則な食生活は、体内時計を乱し、XPAという酵素の機能をにぶらせてしまうそう。分かりやすく言うならば、紫外線が皮膚に与えたダメージを修復する力が奪われてしまうということ。

話を「UVB」に戻しましょう。

日本ロレアル株式会社のHPによると、UVBは日焼けやシミに大きく関係しているそう。夜食を食べることが、肌が赤くなったり、シミができたりすることの一つの要因と言えそうです。

とはいえ、実験対象はマウスなので、人間にも同じようなことが起こるかどうかは気になるところ。研究者の1人、Joseph S. Takahashiさんもさらなる調査が必要と認めていますが、こう仮説を立てています。

「規則正しく食事をすることは、日中、紫外線からのダメージを防御する力を高めてくれる可能性があります」

食生活が乱れると肌が荒れたり、ニキビができたりすると言われていますが、ここに「シミができる」も加わるかもしれません。

関連する記事

「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
最新の紫外線対策として「池袋さくらクリニック」が開発した「高Cacao(カカオ)点滴」を紹介。肌のうるおいを高めたり、紫外線で受ける肌ダメージを予防・修復...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
「資生堂」が一人ひとりの肌構造や質感をパフェにたとえて診断してくれる「肌パフェ SKIN CHECK」を公開。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
株式会社GrowthAgentは、新スキンケアブランドである「PARANINA(パラニーニャ)」を発表した。そんな「PARANINA」のなかから、「リラク...
2021年4月12日より、「オルビス」のパーソナライズスキンケアサービス「cocktail graphy(カクテルグラフィー)」がスタート。「cockta...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
マスクを付けることで発生するニキビ「マスクネ」。マスクを着用していると、通常時より菌が繁殖しやすい環境になるそう。この記事では、マスクネの原因や予防方法に...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病に侵されてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり...
100%天然由来成分のオーガニックスキンケアブランドから、必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせる「ヘンプシードオイル」と、環境ストレスへの抵抗力を高め...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあ...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。