牛乳との最強コンビ

 

24歳女性エディターのおいしいメモ#6

 

定番中の定番。『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。フルーツ&ナッツなど数種類ありますが、ここではあえてシンプルな「デイリーミルク」を。

ポテッと分厚いフォルムをしたその噛みごこちは、擬音語で表すと、サホッ。サクッでもザクッでもホクッでもホワッでもない。

サホッ。

ファーストバイトはサクッとしながら、口腔内全体にジワーっと広がるような液体と化す寸前まではホクッと。だからサホッ、です。

……なんて食感を伝えたいわけではなくて。

「デイリーミルク」を食べる醍醐味は最後に冷えた牛乳とともにゴクッと飲み込むこと。チョコレートが牛乳により一層液状化され、なめらかに喉の奥へ入っていく。この一連の流れ、しあわせとしか言いようがありません!

サホッ、ジワー、ゴクッ、プヒャー(最後のはこんな顔→☺️)。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
ウコンは、「お酒のお供」なだけじゃない。美への近道切符だ。
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になって...
フランス人ビデオグラファーEloiseさんとLucさんが3分12秒に「ドロミーティの冬」をまとめてくれました。
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?