牛乳との最強コンビ

 

24歳女性エディターのおいしいメモ#6

 

定番中の定番。『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。フルーツ&ナッツなど数種類ありますが、ここではあえてシンプルな「デイリーミルク」を。

ポテッと分厚いフォルムをしたその噛みごたえは、擬音語で表すと、サホッ。サクッでもザクッでもホクッでもホワッでもない。

サホッ。

ファーストバイトはサクッとしながら、口腔内全体にジワーっと広がるような液体と化す寸前まではホクッと。だからサホッ、です。

……なんて食感を伝えたいわけではなくて。

「デイリーミルク」を食べる醍醐味は、最後に冷えた牛乳とともにゴクッと飲み込むこと。チョコレートが牛乳でより液状化されて、なめらかに喉の奥へ入っていく。この一連の流れ、しあわせとしか言いようがありません!

サホッ、ジワー、ゴクッ、プヒャー(最後のはこんな顔→☺️)。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
自信をもってオススメする「普通に買えるもの」

関連する記事

知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
7月7日、今年の国際チョコレートデーにメルボルン郊外にあるショッピングモールでお披露目されたのは、チョコを3Dのように立体的にかたどる機械「Cadbury...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
「HARIO」から5月下旬リリース予定のミルク出し専用「コーヒーポッド」
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
スーパーマーケット「成城石井」で再販されるたび、毎回即完売となる人気商品「いちごバター」に、あまおうのみを使用した新バージョンが登場。
新潟県月岡温泉のクラフトビール醸造所「TSUKIOKA BREWERY」が、日本で初めてルビーチョコレートを用いたクラフトビールの醸造に成功
バリスタグレードのチョコレートドリンクメーカー「ベルベタイザー」がイギリスから日本初上陸。今月23日(月)から先行予約販売を開始。
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
9月13日、スイス発のプレミアムチョコレートブランド「リンツ チョコレート」が、チューリッヒ・キルヒベルクに博物館「リンツ・ホーム・オブ・チョコレート」を...
新型コロナウイルス感染症の拡大で需要が落ち込む牛乳を応援しようと、コンビニ大手「ローソン」が3月9日(月)〜20日(金)の期間、国内の生乳を使用している「...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
京都の老舗チョコレート店「フランス屋製菓」が、創業70年で最もやわらかい生チョコレート「La Fondue(ラ・フォンデュ)」をバレンタインに向けてリリース
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
ビールのおつまみに枝豆。この組み合わせ、何のギモンもないはずです。では、どうして最強コンビが生まれたんでしょう?
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...