牛乳との最強コンビ

 

24歳女性エディターのおいしいメモ#6

 

定番中の定番。『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。フルーツ&ナッツなど数種類ありますが、ここではあえてシンプルな「デイリーミルク」を。

ポテッと分厚いフォルムをしたその噛みごこちは、擬音語で表すと、サホッ。サクッでもザクッでもホクッでもホワッでもない。

サホッ。

ファーストバイトはサクッとしながら、口腔内全体にジワーっと広がるような液体と化す寸前まではホクッと。だからサホッ、です。

……なんて食感を伝えたいわけではなくて。

「デイリーミルク」を食べる醍醐味は最後に冷えた牛乳とともにゴクッと飲み込むこと。チョコレートが牛乳により一層液状化され、なめらかに喉の奥へ入っていく。この一連の流れ、しあわせとしか言いようがありません!

サホッ、ジワー、ゴクッ、プヒャー(最後のはこんな顔→☺️)。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
自信をもってオススメする「普通に買えるもの」
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
パリパリのキャラメリゼ。こだわりのアイスクリーム。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
プリンのくせにドロドロなんです。
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
ウコンは、「お酒のお供」なだけじゃない。美への近道切符だ。
7月7日、今年の国際チョコレートデーにメルボルン郊外にあるショッピングモールでお披露目されたのは、チョコを3Dのように立体的にかたどる機械「Cadbury...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
「音楽を通して国境を超えた元気な世界を作る」をテーマに掲げて活動する「一般社団法人 日本DJ協会」は12月1日、新たなDJ文化を生み出すべく「DJ検定」を...
南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」生まれのスピリッツブランドがワイルドローズマリーを使用した「O GIN」とスパイシーなフレーバーの「WILD G...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
目が覚めるほど鮮烈なカフェイン入りのチョコレートです。エネルギーチョコレートと呼ばれることも。ビターなテイストの赤缶がオリジナルですが、甘めが好みならミル...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめの「わざわざ日本に取り寄せる価値のあるチョコレート」を3つ紹介します。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...