ムリがあるけど、可愛いからオッケー!

 

って、最初は単純にそう思っていたんです。

でも、このカラフルで可愛い服と、ちょっと変わったポーズには、こんな理由がありました。
 
 

これ、つらかった時期の象徴なんです

 
過去に5年間、うつの症状に悩まされていた、フォトグラファーのArielle Bobb-Willis。彼女の人生は、学校の先生からフィルムカメラを譲りうけた瞬間に変わりはじめます。
 
ぐちゃぐちゃな姿勢で、鮮やかな服。これは、わたし自身がつらかったときのことを、わざとこうやって表していて。
「自分が落ち込んでいるときにこそ、いいことがある!」っていう考えは、とても大切だなと思うようになったの。
 
よく「振り向かないで前だけを」なんて言ったりするけれど、ただ突き進むだけじゃなくて、過去を振り返るセンスも磨いていける人になりたいな〜なんて思ったよ。ありがとう、Arielle!
 
Licensed material used with permission byArielle Bobb-Willis
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
ブタって、綺麗好きだし飼い主に従順だし、とっても可愛いんですよ。それがわかるヨガレッスンです。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
すべては、「偶然」から始まったそうです。
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
絵の前に立って、ポーズをとり、撮影して、そこで初めて完成する絵画。参加型のインスタレーションは多いけど、参加者の手によって成り立つ作品は珍しいと思います。...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...