座るだけで「寄付」できる椅子がカナダの街中に!一体ナゼ……?

カナダのショッピングセンターや公民館に突如登場した“青い椅子”

「座ってガンに抵抗しよう」と書かれたこの椅子は、座るだけで“前立腺がん”の患者を支援するための寄付ができるというもの。

じつはこれ、「世界対がんデー」にちなんでおこなわれた企画。前立腺がんの患者をサポートしているカナダのNPO団体「PROCURE」が設置したものだ。

男性の罹患するがんの20%が前立腺がんであることと、男性のうち80%の人がヒップポケットに財布を入れているという事実に着想を得たというこの募金方法。前立腺がんの啓蒙も兼ねて、男性をターゲットにしているのだ。

その様子を映した映像には、多くの人が楽しみながら募金している様子が。シリアスになりがちな募金活動も、アイデアひとつで明るく楽しいものになる──。その好例ともいえるユニークな試みは、以下の動画からどうぞ。

© PROCURE - Cancer Prostate/YouTube
Top image: © iStock.com/Alxyzt
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事