川崎宗則が「世界にひとつだけの賞」を受賞!しかし、そこには隠された苦労があった・・・

このたび、トロント・ブルージェイズからフリーエージェントとなった川崎宗則が「ムネノリ・カワサキ賞」を受賞しました!…と言われてもピンとこない人がほとんどのはず。どうやら、メジャーリーグベースボールの公式動画サイト「Cut4」が選出したもので、非常に名誉なことなのだとか!?

オスカーでもっとも権威のある
最優秀作品賞級の“レジェンド”

0043019656_Full

同サイトは、今シーズンにファンやリーグを盛り上げた選手を、さまざまな形で表彰しているのだそう。たとえば、「ベストバットフリップ(バット放り投げ)賞」や「ベストダンサー賞」などなど。

その中でも川崎は、もっとも偉大な(?)トリで登場。寸評では最優秀作品賞級の“レジェンド”と評されています。

「アカデミー賞は最優秀作品賞で締めくくられる。我々も最高の賞で締めたい。ムネノリ・カワサキでいることによるムネノリ・カワサキ賞だ。ムニ(愛称のひとつ)は常にカメラに最高の自分を映し出す。本当にいつだってね」

米メディア絶賛!
「歴史に残るインタビューだ」

受賞の要因は、数多くのコミカルなインタビュー。 特に、上のやりとりについては、「New York Daily News」が「歴史に残るインタビューだ!」と絶賛。リーグ優勝決定シリーズ進出直後に、地元テレビ局の中継に飛び入りで参加した川崎が、次戦への抱負を尋ねられて“名言”を残しました。

「ただスイングしろ。ただボールを投げて、ただキャッチするんだ。みんな、何も考えるな。感じろ!…僕の英語、上手になった?英語のテキスト、2冊も持ってるからね!(ウインク)」

「やらないことが一番ダメ」

B

上の映像以外にも、不慣れな英語で一生懸命話そうとしている彼の姿を見たことがある人も多いでしょう。ベンチでダンスを踊ったり、ウインクだけで中継の実況を笑わせたこともありました。

しかし、陽気でポジティブに見える川崎にも、「精神的におかしくなり、怖くて眠れなかった」時期があったことは、あまり知られていないかもしれません。2012年、アメリカでの最初のシーズンに臨んだ際に、語学面などの環境の違いに大いに苦しんだと、著書『逆境を笑え』で明らかにしています。

それでも、通訳をつけなかった理由ーー。

「確かに通訳がいれば楽だが、いなければ無理ということはないはず。もちろん恥をかくし、痛みも味わう。でも、やらないことが一番ダメ」

このメンタリティこそが、彼の強さの秘密。自身のネガティブな部分を一切見せず、笑顔を保ち続け、決して努力を怠らない。だからこそ、“ムニ”はメジャーリーグで圧倒的に愛される日本人選手になれたのです。

ムードメーカーとして
チームの快進撃を支える!

AL Division Series: Texas Rangers v. Toronto Blue Jays Game Five

今季の川崎は傘下3Aバファローとメジャーを5度も行き来しながら23試合に出場。打率2割1分4厘、打点2。22年ぶりに進んだリーグ優勝決定シリーズの出場登録は外れたものの、チームには帯同し、必死に鼓舞し続けました。

Top Photo by  Jon Blacker/Major League Baseball/Getty Images

Top photo by Getty Images / Reference:SPORTSNETCANADA

「母親として家を取り仕切り、長く健康な人生を一緒に歩む女性を探しているなら、野球ファンの女子がおすすめ!」とは、Alison Caseさんの意見。大事なゲ...
爪や肌などの細部まで作り込まれていて、トロント・ブルージェイズで活躍するピッチャーであるBlake McFarlandさんは、アーティストでもあり、今にで...
米大リーグ通算3,000安打まであと「1」として迎えた、日本時間8月8日(月)のコロラド・ロッキーズ戦。マイアミ・マーリンズに所属するイチローは、第4打席...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
Your browser does not support iframes.マイアミ・マーリンズに所属するイチローが、日本時間2015年10月5日に行われ...
2015年10月に、念願だったという“投手デビュー”が話題をさらったイチローが、再び国内外のファンを熱くさせています。実は、所属するマイアミ・マーリンズか...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
「いま、小さなことを多く積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道なんだなというふうに感じています」これはイチロー選手が、メジャーリーグの年...
その道の一流選手が、基本を丁寧に解説してくれる。たとえ、それが野球であれ、サッカーであれ、上達を目指す子どもたちにとって、これほど貴重な機会はないですよね...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
「好きなことを仕事にしている人」は、ほんのひとにぎりかもしれませんが、「仕事で好きなことを見つける人」なら周りにもけっこういるのではないでしょうか?なぜ、...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第3弾。今回のテーマは「リーダーシップ」。野球界と自動車業界それぞれの...
8月6日に開幕した第97回全国高等学校野球選手権大会。今年も、地方大会を勝ち抜いた全49校が連日のように熱戦を繰り広げ、多くの高校野球ファンを魅了している...
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
イチローが前人未到の境地に達したのは、彼が生まれもってアスリートとしての能力を持ち合わせていたからではありません。彼に才能があるとすれば「自らの能力を活か...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...