KEENが、フジロック参加者に知ってほしかった「地球との関わり方」

7月26日〜28日の3日間、世界中の名だたるアーティストがパフォーマンスをおこなった国内最大級の野外ロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」(以下 フジロック)。

今年もオフィシャルサポーターとして「KEEN」はブースを出展。SNSを中心に話題になっていましたが、開催2日目の台風6号による豪雨の影響で夜にはブース周りが水没。3日目、彼らは急遽設営した仮設のブースで参加者を迎えることになったのでした......。

この記事では、そんなハプニングに見舞われた「KEEN」が販売していたフジロックのコラボレーションモデルと、参加者と一緒に作り上げていたインスタレーションについてご紹介します。

豪雨にも負けない
野外フェス仕様のモデル

©Meg Suko

写真左がNEWPORT H2、右がTARGHEE EXP MID “SP” WP。

「KEEN」が、フジロックのコラボレーションとして販売していたのは、水陸両用サンダル「NEWPORT H2(ニューポート エイチツー)」と完全防水ブーツ「TARGHEE EXP MID “SP” WP(ターギー イーエックスピー ミッド エスピー ウォータープルーフ)」のふたつのモデル。悪天候になりやすいフジロックの開催時期と会場である苗場の地域性を考えたうえでのチョイスです。

どちらもフジロックの「ロック(岩)」を意識したグレーをベースに、随所にビビッドな赤があしらわれています。

また、脱ぎ履きをスムーズにするためにバンジーコードを使い、夜間の移動の際に安全性を高めてくれる蓄光のリフレクターなどを採用。ちょっとしたことかもしれませんが、野外フェスシーンに精通している「KEEN」ならではの気遣いです。

会場に設置されたポップアップストアでは、雨対策として購入している人も多数。「KEEN」の販売スタッフによると、初日からシューズは非常に人気で、在庫が足りなくなるかもしれないと少し焦るほどだったとのこと。

©KEEN

ペットボトルの“重み”を
理解してもらうアート作品

©Meg Suko

先にもご紹介した通り、「KEEN」はインスタレーションプロジェクトをブース前でおこなっていました。その内容は、フジロック参加者に「NEWPORT H2」の形をしたフレームにペットボトルを挿してもらい、長さ約3mと幅約1.5mの作品を完成させるというもの。

これには、参加者の方々に今一度プラスチックゴミを大量に出していることを認識してもらい、少しでも地球を汚さないように行動しようというメッセージが込められています。

©Meg Suko
©Meg Suko
©Meg Suko
©KEEN

参加者の方々にお話を聞いてみると、「あらためてゴミを大量に出していることを知った」「自分の生活でもできることがないかを考えてみようと思う」など、このプロジェクトに参加したからこそ感じることのできた想いを語ってくれました。

完成していく作品を目の前にすることで、どれだけ大量のペットボトルが捨てられているかを考えるきっかけにもなったようです。

「プラスチックゴミ問題を
気にかけるようになってほしい」

©2019 TABI LABO

最後に、今回のインスタレーションプロジェクトについて、キーン・ジャパン合同会社のジェネラルマネージャー・日本代表を務める竹田尚志さんにお話を聞きました。

「アウトドア・フットウェアブランドとして、『KEEN』がプラスチックゴミ問題に対して何ができるのかをずっと考えてきました。そこで、『KEEN』アンバサダーでもある日本大学藝術学部の教授・鞍掛純一さんに相談したところ、『NEWPORT』をペットボトルで作ることによって視覚的にプラスチックゴミ問題の深刻さを訴えかけるというアイデアが生まれたんです。

たった1本のペットボトルをフレームに挿したところで、何も変わらないだろうと思う気持ちもわかります。でも、このプロジェクトに参加することで、ペットボトルが処理される方法やリユースの仕方などを気にかけるようになってほしいんです。

いわゆる“意識が高い”ことなので、最初はバカにされるかもしれません。友だちや家族にどんな言われ方をしても、自分の考えを伝えていくのが個人的には一番大切なことだと思っています。実際にマイボトルを持ちながらね。

それを続けていくことが、大きな流れを生むきっかけになるんです」

今回完成したインスタレーションは、たくさんの人の考えに少しでも影響を与えられるように、作品として保存されます。「フジロックに足を運んでいない人たちにも、プラスチックゴミ問題を意識してもらいたい」。そんな「KEEN」の想いの表れなのです。

Top image: © Meg Suko
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、音楽、映画、スポーツに特化した、WOWOWによるキャンプフェス「FUJI & SUN...
オールシーズン履けるんだけれど、やっぱり夏が似合うと思う。〈KEEN(キーン)〉のUNEEKシリーズ。
ジャンルや世代を超えるセレクションを意識しているということで、ヘッドライナーの発表時から出演者の発表が注目されていました。強烈なアーティストがラインナップ!
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
独自のアイデアやファッションセンス、“妖精のよう” と形容されるピュアな出で立ちや、唯一無二の歌声。50代に突入した今も、多くのファンを魅了しつづけている...
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
10月11日より、「TACOMA FUJI RECORDS」が、長年の間たくさんの人から愛され続けている「Hanes」をコラボレーション相手に迎え、数量限...
西表島の豊かな自然と文化を次世代に継承するために、私たちツーリスト、一人ひとりにもできることがあるのでは?そんな思いで、2019年4月に「Us 4 IRI...