「報われない愛」かどうか迷ったら、この4つのサインで見極める

クリスマスやバレンタイン。冬が近づくにつれて、カップルでのイベントが楽しみになってきますよね。ただし、今付き合っている相手が、本当にこれからの数々のイベントを心から楽しめる相手かどうかによりますが…。

Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気がわいてくるかもしれません。一度、冷静な目でこのリストを読んでみて、今の関係を見直してみてはいかが?

もう秋です。でも、温暖化の影響で今年の夏は長引いたように思えて、私は冬が近づいていることが信じられないんです。現実から目をそらしている私は、 昨日もサンダルを履いていました。もちろん、いつか雪が降ることを理解しているし、冬のサインを至る所で見つけています。でも、私はそれに気づかないフリをしているんです。

季節の移り変わりに鈍感なように、あなたは既に終わっている自分の恋愛関係に気づいていないかもしれません。それはよくあることですし、どんな恋愛にも問題があるものですから。

楽しかった夏とお別れするように、長年付き合ったパートナーと別れるのは、難しい場合があります。それは、人によっては破滅的で世界が終わったように感じてしまうかもしれないことだったり、お風呂にも入らずに3日間ベッドで泣き続けることだったりするかもしれません。

自分にとって衝撃的な出来事に思えますが、誰もが体験したことのあることのはず。私達は恋愛関係の終わりのサインを見ないようにしています。破局はとても辛いことだから。

でも、先が見えてしまった無意味な恋愛関係を続けるのも、健全なこととは言えません。関係を続けることにより、一人ベッドの中で悲しみに耐える必要はなくなるかもしれませんが。

正しく築くことのできていない関係を続ければ、視野は狭くなって毎日苦しむことになるでしょう。まるで、目の敵のように、不仲な熟年の夫婦に出会ったことはありませんか?彼らのような関係が、あなたの目指すところではないはずです。

それでは、あなたの恋愛関係が終わっていることを示す4つのサインをご紹介しましょう。あなたは、いくつかのサインをすでに見逃しているかもしれませんよ。

01.
ちょっと疑うのはフツウ。
寝ても覚めても疑うなら…。

世界中に溢れるあらゆる人々の感情の中で、「疑念」は最も最悪な感情の一つ。パートナーの浮気を疑っている時や、元カノや同僚との仲を少しでも怪しく思っている時、あなたはきっと正気ではいられないはず。それに、携帯さえあれば誰とでも連絡できる時代だからこそ、なおさら疑ってしまうものです。

Matchmakers In The City」の経営に携わるAlessandra Contiはこう述べます。

「どんな恋愛でも、ちょっとした疑いはあると思いますし、少しだけなら健全。でも、彼の浮気を疑いながら毎日目覚めて、いつも携帯を盗み見ている場合、それは健全な恋愛ではありません。」

パートナーが実際に浮気しているかどうかに関係なく、あなたが自信を失いつつあるのは理想的なことではありません。たとえ彼が、Rihannaの「Unfaithful」を何度も聴いていても、その理由を探すことに必死になる必要はないんです。

もしかしたら、それの曲が彼にとっては、ただのランニング用の曲なのかもしれません。最高の恋愛関係を築くには 「信頼」 が必要ですから、疑うよりも信頼することを優先してください。

02.
「二人の時間」の長さで、
別れを決意するのは早い

付き合い始めの盛り上がりは徐々に薄れていくもの。恋人同士であっても二人っきりの時間にさほど執着しなくなるのは当然のことです。でも、お互いが二人の時間よりも、別の時間をあえて選んでいて、他の人々との付き合いを優先している場合は、あなた達のキズナは薄れているのかもしれません。ただ、それだけで、恋愛に見切りをつけてはなりません。

「一方的に別れを告げる前に、お互いにちゃんと話をする努力をしてください。二人の時間を増やしたいことを必ず伝えましょう。そして、あなたの建設的な意見に、パートナーがどう反応するかしっかりと観察してください。」

と、Alessandra Contiは言っています。この「02.」に関しては、関係の終わりに必ずしも直結するものとは限りません。しかし、他のサインと組み合わさった場合は要注意。二人で過ごす時間が少ないことが致命的になり、一気に危険なサインに変わるでしょう。

03.
なんだかんだと、
「否定的」な意見を言ってくる

大切な人ができることの最大のメリット。それは、あなたを全力で支えてくれるということ。そのかわりに、自分もパートナーの最大の「チアリーダー」でなければなりません。もしも、健全な恋愛関係の特徴。彼に思わず小言を言ったり、彼の変な靴下をちょっとダサいと思ってたりしても。あなたが彼を全面的に応援できるのなら、二人の関係は心配ありません。

ただ、対照的にパートナーが常にあなたのことを非難するなら、それは今すぐ関係を終わらせるべきサインです。自分の大切な人に劣等感を抱かせても構わないと思う人物と、なぜ一緒にいるのですか?

「パートナーとなる人は、『世界一の幸せ』な気分をあなたに与えなければなりません。そして、そんな彼女と一緒にいられることを幸運に思える人であることです。」

と、Alessandra Contiは言います。恋人と言えど、「否定」し続けるのは身勝手です。それを絶対に我慢してはいけません。

04.
「独占」しようとするなら、
すぐに別れを決断すべし
 

これは交渉の余地のないサインだと思います。しかし、DV経験者である友人の話を聞いている私。独占欲の強いパートナーやDV男と別れるのが、どんなに困難であり、危険なことかを知っています。もし、今あなたが危険を感じていて、すぐに助けが必要なら「The Hotline」のような相談窓口を知っておくと良いでしょう。

独占欲が強いからと言って、必ずしも暴力を振るうとは限りません。でも、何かをしようとするたびに、いちいちパートナーに許可を取る必要があるなら注意してください。

「あなたのあらゆる言動を監視されていると感じたり、1時間以内にメールを返さないと相手がが激怒したり。それは、より“危険な未来”を示すメッセージとなります。」

と、Alessandra Contiは言っています。繰り返しになりますが、もし危険を感じているのなら、信頼できる人物や団体に相談してください。

結局のところ、恋愛の結末を知ることのできる魔法のような方法なんて存在しないんです。あなたにできるのは、「この関係に満足しているのか?」と自分自身に問うことだけ。もし、答えが「あんまり」や「いいえ」なら、その理由を自分の心に聞いてみてください。

満足できない理由を明確にするのは、関係を終わらせるべき時を知るのに役立つ可能性があります。別れは辛いことですが、その心の痛みが永遠に続くことなんてありません。

私は、あなたの幸せな未来を心から祈っています。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「失恋」目前の人に、別れる前にやっておくべきこと、失恋の忘れ方、人生にどう影響を与えるかなど、恋愛アドバイスをまとめました。
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
後々、「やっぱり年下の彼は私には合わなかった…」となる前に、「Elite Daily」のTayi Sanusiさんが恋愛コーチのDamona Hoffma...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。愛はただ幸せな...
縁結びで知られる「出雲大社」の古代の姿をARやVRで楽しめる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリにて今月から公開中。
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
今は想いが一方通行だけど、そのうち両想いになる可能性を秘めるのは、楽しい片想い。けれど、付き合ってるのに「片想い」しているように感じるのは、恋愛において最...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
失恋した時に読みたい「立ち直る5つの方法」「星座別、最速で立ち直るには?」「失恋は3ヶ月で克服?」「新しい恋に向けて知っておくべきこと」「次の恋のための独...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
彼氏彼女、恋人、パートナーなどと「別れる夢」の意味とは?夢占いの専門家が別れる相手、心理、シチュエーション別に徹底解説。
本当に恋人を大切にしてくれる男性「15のサイン」をご紹介。
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
11月7日、アメリカ大統領選挙でジョー・バイデン前副大統領が当選確実だと伝えられ、次期副大統領になることが確実となったカマラ・ハリス上院議員が、デラウェア...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
失恋から立ち直るための、たったひとつの方法。今つらいあなたに読んで欲しいです。
恋人の行動が何だか怪しい!そう感じたら、「気のせいかも」で済ませてはいけません。もしかしたらそれは、あなたへの愛情がなくなっているのかも…。別れを恐れて取...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「恋愛」......という...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...