5泊はいける「BIGトート」

どんなシーンでも容量を気にすることなく、ざっくりモノが詰め込めるトートを。

と、ずっと探していたBIGサイズのトートバッグを〈ナノ・ユニバース〉で発見。オフィシャルページには「国内2泊ぐらいなら〜」とあるけれど、なんて控えめな! 僕なら5泊はイケる(笑)。

高密度のコットンデューラーなる素材を使っているのがポイントで、ゆえに全体像がスマート。強度も抜群。開口部にファスナーが付いているところもうれしい。着替えとか、あんまり見せたくないモノも気にせず収納できる。

車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。

つまり、言っちゃえば汎用性が高いバッグなんだけど、カジュアルすぎないサジ加減がちょうどいいんだよな〜。

485332478853120061874312881111044507324102213632

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

〈L.L.Bean〉の「グローサリー・トート」。お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンパス地で自立は...
〈ateliers PENELOPE(アトリエ ペネロープ)〉の「#9 Boxy」です。ファスナー付きポケット、2分割されたポケット、両脇にペットボトルサ...
「BAILER」の新色は、ジャーマンミリタリーを彷彿とさせるカーキ。以前からネイビー&グレーもいい色でしたが、“どうして初めからこの色を出さなかったんだ!...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
「The Adjustable Bag(アジャスタブルバッグ)」は3つのサイズに変形できるようになっています。31L、46.5L、62L。デイリーユース、...
文房具メーカーの〈DELFONICS(デルフォニックス)〉による「コナーバッグ」。生地は軽量かつ耐久性のあるリップストップ、ストラップはダブルホックで耐荷...
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
「バービーは私の分身」と語るいくら姫さん、実はかなりの旅行マニア。彼女が旅する時は、常にバービーも一緒です。同じ服を着て、同じ物を食べ、同じ体験をする。ア...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
静岡の〈JETMINMIN〉による「DART! MINI」というバッグです。よくみるとわかりますが、メインの素材として使っているのはブルーシート。頑丈で水...
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に〈かまわぬ〉のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...