ジャケットの中に着るためのTシャツ3選

オフィスカジュアルが浸透するなかで、多くの人が悩んでいる……ってほどでもないだろうけれど、困っているのが「ジャケットの中に着るTシャツ」です。

適当なTシャツを着るとカジュアルになりすぎるし、高級品だからってジャケットと合うわけじゃありません。

しかし!

2020年の春夏、ナノ・ユニバースが「ジャケットの中に着るためのTシャツ」をリリース!

ありそうでなかった画期的なTシャツを3モデル紹介しましょう。

01
ネックと素材に注目!
基本の1枚「ジャケT」

ジャケットの中に着るTシャツ

今回の3モデルのなかでも、一番ベーシックかつ価格的にもお手頃なモデル。ネック部分に秘密アリ!

「ジャケT」のページへ!

02
ちょっと高級、だけど納得の
「フォーマルジャージ」

ジャケットの中に着るTシャツ

これをTシャツと呼ぶには抵抗がある……。それぐらい上質な逸品は、ジャケットのインナーに最適。絶対ダラしくなく見えません!

「フォーマルジャージ」のページへ!

03
汗ジミ防止の
「アンチソーキッド」

ジャケットの中に着るTシャツ

汗をかく夏場でも安心して、ジャケットを脱げる!もちろん1枚でも重宝するヤツ。

「アンチソーキッド Tシャツ」のページへ!

オマケ!?
通称「ごめんなさいチーフ」

簡単なポケットチーフ

最後にもうひとつ。「ジャケットとTシャツ」スタイルと一緒にあわせるべきアイテムも。

「ビズチーフ」のページへ!

 

→「すぐに欲しい!」人はコチラ

関連する記事

新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
スーパーマテリアル「グラフェン」を使ったオールシーズン着られる万能ジャケット「GRAnaRECジャケット」。
「ナノ・ユニバース」が自然環境に配慮した新レーベル「Meaningful Continuity(ミーニングフル コンティーニュイティ)」をスタートさせた。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
“おもしろいTシャツで参加すること”だけがルールの雑談MTGを週1回、編集部で開催中。
「unusual usual things(よくあるモノを世にも珍しいモノへ)」をコンセプトに掲げるデザインスタジオ「March」の書き込めるTシャツ「C...
「ZOZOTOWN」で、グリーンバックの特徴を活かし、画像や映像の素材を用いてデザインが変えられるオリジナルのTシャツが発売。特設サイトでは楽しみ方の提案...
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
発熱ジャケット「Warm Geek 4.0」が、クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」で展開中。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
TIME誌の「ベストイノベーション賞」などの受賞歴をもつ「Vollebak」から新たなジャケット「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)...
“おもしろいTシャツで参加すること”だけがルールの雑談MTGを週1回、編集部で開催中。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
「Y-3」が今月上旬から2020年春夏コレクションの第1弾「Craft」を順次展開中。注目は“暴走族”から着想を得た刺繍Tシャツやボンバージャケットだ。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...