夜の街カオサンで静かな朝のチル!
──バンコク旅は「プールで朝食」を

夏のバンコクは雨季の真っ只中で、蒸し暑さに食欲も失せがち。だからこそ、バンコクは夜遊び!って今までは思っていたけど、注目すべきは「朝」でした。

暑くなる前に起きて、涼しい場所でまったり朝を過ごしたい!
目をつけたのは、バンコク市内にあって、1泊5000円以下で、プール付き、っていうホテル。一度体験してみたら、これにすっかりハマってしまいました。

もうクラブのシンハービールより、プールサイドのブレックファストが旅の楽しみ♡

眠らない街の朝をひとりじめ
「BED STATION HOSTEL」

©2019 YUKI HOSHI

世界中のバックパッカーが集い、お酒とパーティー好きたちで夜な夜な賑わうカオサン通り。そこから徒歩3分の場所にある、という立地で宿泊即決。
「プールで朝食」をする宿を探したいけど、せっかくのバンコク旅だから一度はカオサン通りで買い物したい!ってときには、「BED STATION HOSTEL」へ。

周辺エリアは夜の街なので、ここでの朝はちょっとゆっくりです(笑)。ブレックファストは8時からってなっているけど、その時間に食べに行ったらなにやら準備中。プールの清掃が終わるのも時計の針が9時を指すころ。10時になって、ようやく夜遊び好きたちが目を覚ますくらい。

つまり、静かなプールサイドを独り占めしやすいってこと。半分室内だから、8時過ぎでちょっと暑くてもエアコンが効いてるしね(笑)。

©2019 YUKI HOSHI

夜はあんなにEDMが流れていたのに、カフェ&バーの店内は無音(笑)。その代わり、鳥の鳴き声や近所の子どもたちの声が聞こえてきて、顔がほころぶのです。

遠慮なくあくびをするスタッフが運んできたタイティーと、エッグベネディクト。ナイフとフォークで優雅に朝食の時間を費やしてこそが、このロケーションの味わい方です。さぁ、「早起きの特権」をご馳走になりましょう。

©2019 YUKI HOSHI
朝はガラッガラの店内(BGMなし)

ちなみに、10時を過ぎるとプールは急に大賑わい(笑)。

この時間から遊んでお腹をすかして、水着のままテーブルでブランチを食べるのが彼らのデフォルト。プール付近の席に座っていたら、ボールや水しぶきがバンバン来るので気をつけて!

静かに朝を過ごすより、みんなとワイワイ遊びたい場合は、早起きせずに10時以降の起床がベターってことですね。

「BED STATION HOSTEL」は全室ドミトリーで、約2700円から泊まれます。せっかく世界中から陽気な旅人たちが集まっているのだから、コミュニケーションを楽しんで!というカオサンらしいカルチャー。

静かに過ごすプールサイドも、みんなで過ごすプールサイドも、どちらも満喫できるホステルです。

BED STATION HOSTEL
住所:80 Soi Tanee, Tanee Road, Kwang Talard Yord, Khet Phra Nakorn, 10200
アクセス:カオサン通りから徒歩3分
TEL:+66(0)2019-5477
SNS:Instagram

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。それを実感できる「JOSH HO...
バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。「Stable Lodge Ho...
10月から来年2月まで、カオサン通りでリニューアル工事を行うとバンコク都副知事が発表。これに伴い、通り沿いの店に関するルールも改正されるという。リニューア...
11月16日、「キングパワーマハナコン」というバンコクの複合施設の最上階に、マハナコンスカイウォークがオープンしました。高さは、東京タワーよりもちょっと低...
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
デザイン事務所「SolidSprout」が思い描く、自然とテクノロジーの調和がとれているバンコク。新たな都市計画というものではなく、多くの人に“緑”の大切...
バンコク発「Silent Brew Yoga」は、ビールヨガとサイレントディスコのミックス。参加者は自分が好きなジャンルの音楽を選択。そしてビールをすすり...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
ヨーロッパで広く愛されているトルコ発のレジャーブランド「aniva」から、コンパクトで手軽、かつ本格的なバーベキューが楽しめる「コンパクトバーベキュースタ...
知らない人のプールを借りられるサービスを展開する「Swimply」。プールは、ロサンゼルスやマイアミビーチなどを含むアメリカ国内の5つのロケーションから検...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
タイ・バンコクにあるベトナム料理店「Maison Saigon」が実施しているソーシャルディスタンス対策を楽しんでもらう方法のご紹介。
「YuGa」は「ケイエム観光バス」と「ネスレ」が、日々の満員電車による通勤でお疲れの人々の一日の始まりを応援するため企画した通勤バス。豪華な設備の車内では...
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
数年前、そのコンセプトの大胆さから話題を呼んだ、ロンドンに新設予定のマンション「Embassy Gardens」。来春、いよいよお披露目されるのではと巷で噂だ。
アリゾナ発のスタートアップ「Solar Breeze」が開発した、屋外プールに浮くゴミを取り除くAIロボ「Ariel」。ビート板のような形状で、フワフワ水...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。