nendoがリニューアルを手掛けた「Siam Discovery」。近代建築を見るためにバンコクを訪れる時代がやってきた!?

百貨店のリニューアルといえば、2013年に森田恭通が手がけた「伊勢丹新宿店」が記憶に新しい。が、ここで紹介するのはそのインパクトにも負けない新規案件だ。

舞台はバンコクの中心地・サイアムにある「Siam Discovery」。日本人にも馴染みの深い大型商業施設が、ド派手に生まれ変わった!

ここで楽しめるのは
ショッピングだけじゃない。

D6ca357f73649e9a04f603d24ca45e09664f0d48

1~5階の内装と外装を含む全面リニューアルを担当したのは、日本のデザインオフィス「nendo」。一部のテナントを除き、大半を占める自主編集売場までも手掛けたのだそう。

5e09d9dcdb5f3cd6dc2687d648314ca69b15bb7a3a74dcd007ad48fe68f37ce9676701cd86fdd63dC1e4141c177ca3d1c879f6aaea35831c346752c062f6732f972e1b20dc75468534ae49285a04eca5Ed7633a8e107d628b8bb8ba90d9ed02037b64ebe

来場者に「刺激」と「発見」を促すことを目的としていることから、ブランド単位でカテゴライズするのではなく、多様な嗜好性やライフスタイルを積極的にミックス。エスカレーターも配置し直し、人の流れを円滑化している。

3f26358db694a5d7722c0e0911dc4214b18dada8Fa9b129b0b84b0f7c83e5550eac7b359cbbb7aa89387927a327f7a3b7a8f790af33f726c8f15e1e9911e738fe11c265b320253dc6c7c79029a938f355dd92292b6fd0ac9b3a43640c3c48978ea7bdfab

外装デザインは、これまでの閉塞感を解消することを目的に構造上の制約ギリギリまで壁を取っ払い、できるだけ外部に対して開くことにしたのだとか。

6866bd60ecd302a0e86f9e26a717b75ec1c5ab84E0c2d289d5ec1bfbd17efbe2d31ac6365326eb9bDb14fe69585aaba1df0f59faa9c2b79a091c5ff84fe8303cb18b1a2b906ff47a8dcb8e0f767b3aaf24fdb0e01ad701cdaf99bb8ae101f4b9d32abda73bd5fac5fe3a2e6f6586eba2aff8f8c0606057c6

「Siam Discovery」は去る2016年5月28日(土)にリニューアルオープン済。これまでバンコクの観光スポットといえば、王宮や寺院がポピュラーだった。しかし、いよいよ近代建築までもが、そのラインナップに加わることになったようだ。

Licensed material used with permission by nendo
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
世界各国のニュースメディアに動画を配信する「Viral Hog」に投稿された“奇跡の瞬間”をご紹介。快晴の青空をつん裂くように落ちていくものは、いったいな...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
河南省は、中国古代文明の発祥地の一つとして知られている地域。その山間に近代的なデザインの建築物が誕生した。『The Shaolin Flying monk...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試...
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...