死んだら「流れ星」に。月に墓標を遺すサービスも

SFみたいだけど、本当の話。

「流れ星供養」は、故人を宇宙空間へと送り込み、最終的には彼らが流れ星となるサービス。夜空から家族や友だちを見守り続けてくれるということですね。

サンフランシスコの企業「Elysium Space(イリジウムスペース)」がこのサービスを運営していて、12月4日には遺灰の入ったカプセルを載せた小型人工衛星の打ち上げに成功したと発表しています。

この「流れ星供養」のお値段は、30万円。思った以上に安い価格設定!流れ星になるというロマンを購入すると考えたら、払えない金額じゃありません。むしろ、これのために貯蓄したいくらい。

ちなみに、宇宙ゴミになってしまうのでは?という声もありますが、大気圏で燃え尽きるから心配はいらないとのこと。

「イリジウムスペース」は、120万円で月面供養というサービスも展開予定。2020年にロケットを打ち上げ、墓標を月面に遺すそう。こっちも捨てがたい!

Reference: Elysium Space
Top image: © iStock.com/Cylonphoto
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界初の人工流れ星プロジェクト「エールの挑戦」
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
2019年10月、「JAXA」の「宇宙日本食」として認証された「ホテイフーズ」計らいの「やきとり缶」。それを記念して3月2日より「宇宙日本食」記念2缶セッ...
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
4月17日の21:00〜、YouTubeにて「オンラインプラネタリウム」がライブ配信。出張プラネタリウムなど宇宙にまつわるイベント・サービスを手がける「ア...
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
「アメリカ宇宙軍」が隊員募集にあたってリクルートCMを公開。まるでSF映画の予告編かのような映像が話題になっている。
12月8日、米菓で初めて宇宙日本食認証を取得した「亀田の柿の種」が、ついに国際宇宙ステーションに到着。
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
9月23日、NASAが6億ドルで「宇宙望遠鏡」を打ち上げると発表。今回の宇宙望遠鏡の計画の裏には、今年7月25日に全世界を驚かせた「小惑星のニアミス」が関...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!