国王の夏バテを救った「冷やし茶漬け」

暦の上では秋。けれど、いったいこの暑さはいつまで続くのやら。食欲がもっとも落ちる今の時期、サラサラと喉を通る冷やし茶漬けは格好の食事。でも、“冷やし”が一般的になったのって、ごく最近のことなんですよね。

お米を冷たいスープで食べる、この習慣はなにも日本だけの文化ではありません。同じように米が主食のタイにも、冷やし茶漬けと呼びたくなる食べものがあるんですよ。

ジャスミンの花を浮かべた
高貴なお茶漬け

それが「カオチェー」。固めに炊いたごはん(もちろんタイ米)からぬめりをとって、そこに氷とジャスミンウォーターをかけていただくというもの。なんでも、タイで冷たい料理は珍しく、一説にはこのカオチェーだけという話も。

 

4702351352922112
© naiyo/Shutterstock.com

言ってみれば、サラサラ冷たいジャスミンライス。熱帯の花の芳香が、食べれば不思議と後を引く味わいなんだとか。

つけ合わせには、豚肉や大根を濃いめに煮詰めたものや、ししとうの揚げ物などとともに食べるのが一般的のようです。このとき、脂をお椀に浮かべるのはマナー違反。けっこうウルサイお作法があるみたい。

というのも……このカオチェー、もともとは宮廷料理として提供されていたものなんです。

国王の“夏バテ”を救ったカオチェー

現在でもタイでは一年のうち最も暑い、旧正月(ソンクラーン)の時期に暑気払いとして食べられるそうです。諸説ありますが、19世紀のラーマ5世の時代、暑さで極度の食欲不振におちいった国王のため、喉を通るようにと考案されたのがはじまりだとか。やがて、それは市民へと広まっていきました。

今でもタイ国民から愛されるラーマ5世。暑さのなか国民のために職務をまっとうできたのも「カオチェー」のおかげかもしれませんね。

Top image: © enchanted_fairy/Shutterstock.com
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
食欲がなくても冷やし麺。けれど毎度定番の味では、やっぱり飽きてしまいます。そこでアレンジ一つでマンネリを脱却するアイデアのご紹介。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
「ショップT、大集合!」#3 つるやパン@滋賀県
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
甘さを逆手に利用してつくるタイ風の甘々アイスティーのグラニテ(氷菓子)で、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!
世界各国のニュースメディアに動画を配信する「Viral Hog」に投稿された“奇跡の瞬間”をご紹介。快晴の青空をつん裂くように落ちていくものは、いったいな...
ムシムシと暑い中で、冷えたドリンクを飲む幸せ。でも、冷やしていたはずの飲みものがぬるかった時ショックですよね。そんな辛い思いをさせない夢のデバイスが、米で...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
「鯛茶漬」というと濃いゴマだれをベースにした味を想像するかもしれませんが、長崎名物の鯛茶漬けはひと味違います。壱岐島(いきのしま)では、漁港で水揚げされた...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...