賢いパートナーの選びかた。

賢くパートナーを選ぶ。そんなロジカルにモノゴトが上手くいかないことくらい理解しているつもりです。が、それにしたってこの動画(「The Schoool of Life」)言うに事欠いて、自分の過去とちゃんと向き合えば、素晴しい人生が開けるパートナーとの出会いが待っている、だって。

メカニズム?対処法?まあ、まずは読んでから。

ロマンチックな関係は長続きしない

96ddccc47475273f88710ea87a26456bb77edd04

ロマンチックな関係は、優しい夢のような関係です。でも、それは最初だけ。たいていの場合は長続きしませんし、たとえロマンチックな関係のまま結婚できたとしても、二人が幸せになることはほぼありません。相手のことをよく知りもせずに、相手に幻想を抱いたまま結婚するのは昔のお見合い結婚みたいですよね。

5f94edaa4c6dfb5a509e7e506578c4cfad0ea153

直感を信じろとはよく言いますが、よく考えてください。クラブやバー、ウェブで知り合った人に運命を感じ、ロマンチックな関係になり、結婚して、良い結婚生活は築けると思いますか?最初は幸せな結婚生活ができても、そのうち結婚という枠組みに苦しむようになります。まるで政略結婚させられた中世の貴族のように。

確かに、計算高くパートナーを選ぶよりも、ロマンチックな関係を築いて恋に落ちた方が良いように聞こえますよね。でも、恋に落ちるときだって、私たちは無意識に相手を選んでいるのです。その時、私たちはどのように相手を選んでいるのでしょう?

「幼少期の思い出」に
私たちは縛られている

A9282e596c63d69e31ffb6140ab8d70351688a46

どうやら、私たちは自分を理想通りに扱ってくれる人を好きになる傾向があるようです。その理想とは人によって違いますが、どれも親子関係に起因するもの。子供時代に、自分たちの親が接したように自分に接してくる人を好きになる傾向があります。それは、“親近感” が湧くから。大人になっても親の影を追っている、と言っても良いかもしれません。

75b521605f022c65bd218861de0b2ec09528426f951d54a4cb7607ebee79fe44d6eb5eaf34782d4b

例えば、子供時代にお父さんとちゃんとしたコミュニケーションを取れなかった女性が大人になって選ぶのは、彼女とちゃんとしたコミュニケーションを取らない男性。少し変に聞こえるかもしれませんが、私たちは大人になると、子供の頃の人間関係と同じようなものを自分の周りに作り出そうとするのです。

良い人がいても、反応できない

3bb57d98d37429d4bbd4a4591f69edc71c2694d1

悲しいことに、子供時代に親にひどい扱いを受けた人が運よく、誠実で信頼できる良い人に出会えたとしても、その人を拒絶しがちです。誠実で信頼できる良い人は、“良すぎる”ように感じてしまうから。今まで自分が接してきた人たちがあまりにも違いすぎて、戸惑ってしまうからではないでしょうか。

子供時代の思い出から抜け出すために

Ac6937308c2869c5026990e54711f28dd1f8bf06
悪影響を及ぼす子供時代の思い出から抜け出すためには、紙に自分の好みや恋に落ちた瞬間のことなどを書き出してみましょう。そして、それがどんな結果をもたらしたかも。

新しいカテゴリーの人を見つける

1cdd0af0ffe6c04c1a87154985cabd97ebc907ab633f2ec6a47a0c7f143ea2b1794c2f0df229fe81

私たちは、家族や子供の頃に出会った人たちと同じカテゴリーの人たちを、大人になっても求める傾向にあります。でも、一度自分の傾向を知るとそこから抜け出すこともできる。

まだ、自分が知らない新しい、そして素晴らしいカテゴリーの人たちを見つけにいきましょう。自分の子供時代の思い出にケリをつけ、それから自由になりましょう。きっと良い出会いがあなたを待っているはずだから。

Licensed material used with permission by The School of Life
「The School of Life」が紹介しているのは、いつまでもシングルでいることのメリット。あなたは「愛」について真剣に考えているからこそ、1人を...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
「The School of Life」の動画では、どうやって相手の性格を変えるべきか、ということを紹介しています。これを応用すれば、彼氏・彼女のイヤな部...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
パートナーとケンカをしたことない、というカップルはいないでしょう。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大事なのはケンカをしないこと...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
燃えるような日々も、いつかはロウソクの灯火に。恋愛感情が冷めていく過程とは、往々にしてそんなもの。相手と会話をしているときにスマホの画面を眺めていたり、恋...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
社会人になった途端、「結婚」の2文字に妙なリアリティを感じている私。早い子は職場で知り合った人たちと、ありえないスピードでゴールイン。こうなると、必要ない...
職場や家族、友達関係、様々にシーンを変えて説明していたけれど、胸の傷口に沁みたのが、「カップルにおける距離感」。やっぱり当事者になると、間違えてしまうこと...
好きな人の前ではついカッコつけたり、見栄を張ってしまったりしてしまいます。でも自分を良く見せる事より、自分の愚かなところや欠点を見せる事で自信がつき、相手...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
片思いをしていると、相手に幻想を抱いてしまいがちです。よく知らない人に恋をして「なんて素晴らしい人なんだろう。付き合えば幸せになれるに違いない」なんて期待...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...