出会うことが青春だった。ストリートスナップで見る、「1970年代原宿の風景」

ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。

この時代にファッションを発信し始めた「原宿」という街をテーマにした9人の写真家によるストリートスナップがある。

写真が雄弁に語る、
「これが70年代の原宿の姿」

052表参道 Omotesando/Alao Yokogi
217「キディランド」は日本で最初にバービー人形を販売した店。 Toy shop「KIDDY LAND」/1974/Alao Yokogi
2632-197206_244原宿の表玄関「レオン」周辺。A legendary coffee shop 「LEON」in Harajuku/1972/Mike Nogami

企業の看板が一切見当たらない原宿の街並み。「原宿の表玄関」と言われていた喫茶店「レオン」には、若きクリエイターたちが毎日のように集い、クリエイティブの未来を語り合っていた。

有名人、夢多き若者、地元の住民が混在し、互いを尊重し合うことで作り出されていた当時の原宿。そこに流れていた雰囲気を映し出した写真たちは、当時を語るどんな言葉よりもずっと雄弁だ。

70s (8 - 99)道ゆく人は皆、「レオン」の店内をのぞいていった。LEON/1972/Goro Some
70s (57 - 99)ファッションモデルの山佳泰子とジョエン・ガレッキ。
Yasuko Yamayoshi(model)and Joanne Galecki(model)/1970/Goro Some
My beautiful picture
舘ひろし 「レオン前」。
Hiroshi Tachi/1974/Goro Some
My beautiful picture
レオン前。
Harajuku boys and girls/1972/Goro Some

「温故知新」として
未来へのヒントに

これらの写真は「報道」や「記録」を目的として撮られたものではない。今や大御所と呼ばれるようになった、当時の原宿の内側にいた若き写真家たちが生きてきた時間そのもの。その体温がこもっているだけに、見る人々にエモーショナルな感動を与えることに繋がるはずだ。

0851-197005_311Happy松本隆 細野晴臣 大瀧詠一 鈴木茂(はっぴいえんど)
渋谷西武屋上にて。Happyend(rock band)/1972/Mike Nogami
繧「繝輔Ο繝・y繧」繝シ繝・14-39 36 114 (1)日本初の野外コンサート「箱根アフロディーナ」
The first outdoor festival in Japan/1971/Jyoji Ide

70' HARAJUKU
コンテンツ提供元:小学館

中村のん/Non Nakamura

17歳の時、日本のスタイリストの草分け的存在、高橋靖子氏と出会う。桑沢デザイン研究所在学中より師事し、22歳で独立。以後、スタイリストとして広告を中心に多岐にわたって活動。2015年8月25日発売の写真集『70’HARAJUKU』(小学館)をディレクション。

写真には、たくさんの思い出やストーリーが詰まっているものです。アマチュア写真家であるChris Porszさんは、70年代から80年代にかけて、イングラン...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
フランスの料理と聞くと、なんとなく敷居の高い印象。個人的には、ドラマや映画の中の「夜景が見えるレストランでプロポーズ」みたいなシーンでよく見かけるイメージ...
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
世界中のストリートに、バスケットコートは無数に存在する。そんな中でも、3年ほど前にトロントで見たこの場所は衝撃的で、こんなところでプレーできるなんて羨まし...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...