今年も「あと100日」。1日も無駄にしないために知っておくべきこと。

職業柄、今日が世界にとってどんな1日かをチェックして、カレンダーにメモするのが習慣になっています。まとめて1週間分を日曜日に確認していたら、目に止まった、金曜日の欄。そこには、「残り100日」と赤いペンで書かれた文字。

今日9月22日は、12月31日のちょうど<100日前>なんです。

こんなことまで書いてたっけ、と思いながら、時の流れの早さが恐ろしくなる。皆さん、年末年始に立てた2017年の抱負を覚えていますか?痩せる、計画的になる、ムダ遣いを減らして貯金を増やす、人生を楽しむ、健康維持する、などなど。

カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるというハナシもありますし。巻き返せる!

今年やり残していることがある人にも、2018年の準備をすでに始めたいと思っている人にも、参考になるであろう【人気記事5選】を紹介します。

その1.
今日からやめるべき、「悪しき習慣」

3ヶ月という残りわずかな時間。少しでも生活を変えたかったのに、あるいは人生を変えたかったのに。そう思う気持ちがもしも今あるなら、むしろ最大のチャンス。

ここに紹介する「やめるべき12項目」は、決して難しいことじゃない。今日からだってトライできること。続けていけば、2018年を迎える自分は、今より磨きがかかっているに違いありません。

▶︎今すぐ何個当てはまるか確認する

その2.
勝手に仕事が楽しくなるコツ

もしもこの1年、「仕事が楽しくない」と思うことの方が多かったなら、一度この方法を試してみて。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度が格段にアップするかもしれないから。

そのうえで、どうにもこうにもやっぱり辛いのであれば、2018年からは、新しい仕事を始める方向で考えてみるのもアリではないでしょうか。まだ、その準備だって間に合うのだから。

▶︎今すぐ記憶する

その3.
今年中に、縁を切っておくべき人

新しいスタートには、新しい人との交流も大切です。そのためには、現時点での人間関係を、もう一度よく考え直してみることが必要。

気が進まないのに、無理をしている人付き合いはないですか?人は日々変わっているから、前は良好な関係だったとしても、価値観の相違でうまくいかなくなってしまうこともあります。それは、誰もが抱えていること。新年を迎える前に、もう一度自分の心に問うてみてください。

▶︎今すぐ思い当たる人を確認する

その4.
こんな恋人なら、別れを告げた方がいい

モヤモヤしたまま付き合っていて、この記事にものすごく共感してしまったのなら、もう9月中にさよならした方がいいかもしれません。善は急げ、です。

だって10月からフリーを始めたとしても、クリスマスまで約2ヶ月半。新たなチャンスを掴むためには、魅力的な日数ですよ?でもこれが、1ヶ月半になったら状況は違う。もはや1秒だって、ダメな男と一緒にいるヒマはないのです。

▶︎今すぐダメ彼氏チェックする

その5.
こうして「痩せる環境」をつくる

大丈夫。本気を出せば、ほとんどが今日中にできることです。この記事は、減量専門医である博士が、教えてくれた秘訣のまとめ。

2017年のうちに、手に入れたいと思っていたボディがまだ完璧ではない。そんな人には、今すぐ読んでいただきたい。焦って流行りのダイエット法に振り回されず、ポイントは基本に立ち返ることみたい。それさえできれば、「自然と痩せていく体づくり」も夢じゃない。後悔しないように、今日から始めてみましょう。

▶︎今すぐ「痩せるマインド」をつくる

今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
一年は365日。つまり、8,760時間もあります。これだけの時間があるなら、ずっと夢見ていた目標を達成することも、大好きなあの人と付き合うのも、夢じゃあり...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
「立って仕事がしたい」「角度が合わなくて肩が凝る」「モニターの高さも微調整したい」そんな”PC作業あるある”を全て叶えてくれるソリューションアイテムが登場!
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
2月12日、「コロンビア」が、最新の防湿透湿テクノロジー「OUTDRY EXTREME」のプロモーションとして、100人が雨について語っている特設サイト「...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十二回のテーマは「三日坊主をやめる方法...
MEGBABYがセレクトするトータルビューティーショップ「MEGOOD BEAUTY」から新商品「CICA HAND CLEAN GEL(シカ ハンド ク...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
8月8日は満月で、"部分月食"を観測することが出来る日です。日本で観察できるのは、2015年4月4日以来2年ぶり!「国立天文台」によると、月が欠け始めるの...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...