「誰かのために生きてこそ、人生だ」。ブルース・リーが教えてくれたこと

ホワチャー!と聞けば思い出す。華麗なヌンチャクさばきをマネしたことがある人も多いかもしれない。俳優であり、武道家であり、脚本家でもあったブルース・リー。

生涯を通して「挑戦」を続けた彼は、若くして命を落としたものの、その短い人生の間でたくさんの名言を残しました。「Higher Perspective」が紹介するのは、そんな彼の心に沁みるシンプルなアドバイスたち。

01.
自分に正直に生きる

「どんなときも信念を持ち、自分らしさを発揮し、表現すること。成功している人を真似ようとはしないこと」

02.
失敗を恐れない

「過ちを認めることさえできれば、過ちは許される」

03.
時間を無駄にしない

「人生が好きなら、時間を無駄にしないこと。人生とは、時間でできているんだ」

04.
流れに身を任せる

「強い枝ほど折れやすく、柳や竹のほうが強い風を耐えられたりするだろう?」

05.
感情的になる前に、
一度立ち止まって考える

「短気なのは、アホの癖だ」

06.
謙虚さを忘れずに

「馬鹿は自慢することに誇りを感じる」

07.
どんなときも全力を発揮する

「1万種類のキックを練習したヤツは怖くない。ひとつのキックを1万回練習したヤツのほうがよっぽど怖い」

08.
自分ひとりで生きているんじゃない

「誰かのために生きてこそ、人生と呼べるんだ」

09.
忍耐力をつける大切さ

「簡単な人生を望むな。苦難を乗り越えられる強さを祈れ」

10.
何に対しても愛を持って接すること

「友情に火をつけると、愛になる。だから最初のうちは美しく、熱く激しい。でもこの段階では炎はまだ小さく、チラチラ瞬くくらいだろう。愛情が膨らむうちに、心は落ち着きを持ち、愛は消えることのない燃料となるんだ」

11.
いつでもポジティブでいること

「物事は、考えた通りになる」

Top Photo by Michael Ochs Archives/Getty images
Licensed material used with permission by Higher Perspective
世界中の映画ファンを熱狂させた伝説のアクションスター、ブルース・リー。32歳という若すぎる年齢で謎の死を遂げたものの、現代を生きる私たちの胸に響く、多くの...
映画史に残る伝説のアクションスター、また、武道家として、世界中の人々に愛されたカリスマ的存在。その非凡さは数々の発言にも現れています。ここでは、「Powe...
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。