大量生産・大量消費の時代は終わった?サーキュラーエコノミーとは?

「サーキュラーエコノミー」という考え方を聞いたことがあるだろうか。

実は、この考え方は最近重要視されているサステナビリティやSDGsにおいて、非常に重要な考え方。

この記事では、サーキュラーエコノミーの意味やその取り組みについて紹介していきたい。

サーキュラーエコノミーとは?

一般財団法人環境イノベーション情報機構よると、サーキュラーエコノミー(Circular Economy)は次のように定義されている。

EUが2015年に採択した「循環経済パッケージ」で提唱した概念。水、土地、バイオマスなどあらゆる資源の効率的利用を進め、資源の循環利用の高度化を図ろうとするもの。

サーキュラーエコノミーに対して、従来の資源を「採掘する→作って→捨てる」という経済の仕組みを「リニアエコノミー(直線経済)」と呼ぶ。リニアエコノミーの消費したら捨てるという終点のある仕組みではなく、「利用後の廃棄物の再利用までもを前提として考え、資源を循環させていこう」というのが今推奨されているサーキュラーエコノミーの考え方。

サーキュラーエコノミーとリユースエコノミーの違い

リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つからなる「3R」の考えを知っている方は多いだろう。このリサイクルを中心に考えるのがリユースエコノミー。ではこのリユースエコノミーとサーキュラーエコノミーの違いは何なのだろうか。

リユースエコノミーは、現状の消費社会の中からできることにスポットを当てて、3Rを中心に取り組もうという経済の仕組み。基本的に、目の前のものにおいて、「生産を減らそう」「再利用しよう」「リサイクルしよう」と考える。しかし、サーキュラーエコノミーは、そもそも、消費社会のあり方を工夫して、計画的に資源消費がプラマイゼロにする経済の仕組みのことなのだ。

サーキュラーエコノミーへの取り組み

環境問題に真摯に向き合うことで知られる「パタゴニア」は廃棄ペットボトルを再利用して製品をリリースしている。他にもパタゴニアは、「2025年までにカーボンニュートラル達成」を目標に、環境問題と消費社会の両立を目指すリーディングカンパニーとして注目されている。

ネットショッピングが盛んになり、お世話になる機会も増えた「佐川急便」。じつは佐川急便のスタッフの制服は廃棄ペットボトルからできている。また、この制服の製造を担当しているスポーツブランドの「ミズノ」も環境に良い商品の施策に取り組んでいるそう。

シェアリングエコノミーとサーキュラーエコノミー

サーキュラーエコノミーにおける再利用の考え方は、その素材を使って別のものを作ることだけを意味しているのではない。所有している“使っていないもの”を貸したり、逆に必要なものを買うのではなく借りたりすることで、資源の循環を止めずに、回し続けることができる。

例えば、カーシェア。カーシェアは、車を会員内でシェアして使おうとういう仕組みのこと。ガソリン残量などの細かいことは気にしないとして、車の稼働可能時間は24時間365日。しかし、特に自家用車では、稼働時間は稼働可能時間のうちのほんの少し。中には、週末しか使われていない車も。だったら、その稼働していない時間を他の使いたい人に使ってもらって稼働率をあげよう。その方が、少ない車で多くの需要を満たすことができる。つまり、新しい製品を作る機会も減り、資源消費の機会も減るためエコだよねというのがカーシェアの考え方。

他にも、不動産やファッション、家具などさまざまなシェアが主流になってきており、サーキュラーエコノミーの考え方がものの生産と消費の循環だけでなく、ものの人と人の中での循環の意味も含んでいることがわかっていただけるだろう。

▼参考記事はこちら▼

まとめ

サステナビリティという考え方が当たり前となってきた今、どんな時でもすべての人が意識していきたいのが、サーキュラーエコノミー。続々と企業が取り組みを発表しているが、一番大切なのは個人の意識。いま一度環境について考え直してみる機会を設けてみて欲しい。

Top image: © iStock.com/DragonTiger

関連する記事

消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
多数の著名なアーティストを排出していることでも知られる英国ロンドンにある「ゴールドスミス・カレッジ」。現在、同大学キャンパスに大量のニンジンを用いたインス...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
「食材にこだわれば、タコスはお寿司と同じくらいの可能性がある」。 そう語るのは、三軒茶屋でタコス専門店「Los Tacos Azules」を営むマルコさ...
リトアニア共和国の首都ビリニュス在住のイラストレーターEglė Plytnikaitė氏は、自身のイラストを使ってFacebook上で、あるプロジェクトを...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
イギリスのトーマス・クック航空が「Sleeper Seat」を販売します。5月13日から、エコノミークラスでも横になって寝れるようになるんです。3席を贅沢...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
献花による深刻な水質汚染を改善するために、立ち上がったのが『HELP US GREEN』。彼らによると、国内には少なくとも60万以上の寺院があり、毎日献花...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
「MIT」の博士課程の学生が発表した論文で、実験室で木材や繊維など特定の植物組織が育てられることを提唱した。将来的に木材の生産がすべてラボでできるかも。
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
プラスチックの消費期限を印刷したシール。途方に暮れてしまう期間を見て、問題の深刻さが心に突き刺さる……。
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
オーストラリアでは、新型コロナウイルスによるロックダウンでバーとレストランが3月に休業。その影響で、醸造所には売れ残った古いビールの在庫の山が。そこで、南...
世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」の展開する「ウォルマートカナダ」が、テスラの大型電気トレーラー「Tesla Semi」を130台発注し...
スイスのブランド「On」が先週12日(木)から、人工的な染色を行わない水質汚染に配慮したサステナブルシューズ「Cloudrock Edge Raw 」を発売中。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「ニュージーランド航空」が全身がすっぽり収まりフルフラットの睡眠エリアを擁するエコノミー「スカイネスト」を発表した。