【感動】セーターを着たペンギンが大量に出現した意外な理由・・・

オーストラリア南西部の老人施設に暮らす、Alfred "Alfie" Dateさん109歳。オーストラリア最高齢としても有名なおじいちゃんですが、もうひとつ、ある理由でDateさんの名前は世界で知られるようになりました。
それは、手先の器用なDateさんが、手のひらサイズのセーターを毎日、編み続けたから。そして、その小さなセーターに袖を通したのは、この国に生息する世界最小のペンギン「リトルペンギン」だったからです。

スクリーンショット 2015-07-21 14.11.43

見ての通り、どれも凝ったデザインの可愛らしい作り。ですが、Dateさんが手編みする理由は別にあります。じつは、この小さなセーター、ペンギンたちの命を救う“ライフジャケット”としての役割を果たしているのです。

2014年3月にオーストラリア南近海で発生した、船舶の原油流出事故の際、フィリップ島自然公園内の野生動物病院には、原油にまみれた多くのペンギンたちが救助されたそうです。この事故が起きた直後、フィリップ島の野生ペンギンの保護団体「Penguin Foundation」は地元ボランティアを通じて、ペンギンたちのためのセーターを募集しました。
Penguin Foundation」の説明によれば、野生のペンギンは身体にこびりついた原油を取るために毛繕いをする際、過って原油を飲み込んでしまう危険があるんだそう。誤飲を防ぐ目的がこのセーターを着せることだったのです。

スクリーンショット 2015-07-21 14.11.33

豪ニュースメディア「ninemsn」の取材に対して Dateさんは、手編みのセーターは自分のリハビリの一環だったと語っています。施設に入所するまで編み物の経験は1回だけ。それも記憶にある限りでは、80年以上も前のことだとか。
それでも、簡単な編み方をすぐにマスター。それを見た看護師から、ペンギンのためのセーター作りに応募するよう薦められたんだそう。「昔から、何でも断れないたちなんだ」 とDateさん。

スクリーンショット 2015-07-21 14.11.19

Dateさんはじめ、多くのボランティアによって集められた小さなセーター、できることなら活躍しないことがペンギンたちにとっても望ましいことですが…。「WorldTruth.TV」が伝えている記事によれば、財団は公式Facebookを通じて、Alfieさんへの手作りセーターの感謝を記し、ペンギンのためのセーター寄付がいったん終了したことを報告しています。

さて、「フェアリーペンギン」「コダカペンギン」とも呼ばれているリトルペンギンの体長は30cm〜40cm。オーストラリア南部とニュージーランドに生息しており、メルボルンの南にあるフィリップ島は、リトルペンギンの生態系が確認できるコロニーとして、有数の観光スポットとしても知られています。
Dateさんのセーターを着たペンギンたちを見ることはないでしょうが、一度は訪れてみたい場所ですね。

 Reference:ninemsn , WorldTruth.TV
Licensed material used with permission by Penguin Foundation

チーズをたっぷりと使ったタコスやサワークリームがきいたブリトーなど……カル・メクス料理を食べられるファストフード店「TACO BELL」。そんな彼らのレギ...
ニュージーランド南東のオアマルの港では世界一小さなペンギン、ブルーペンギンたちのコロニーが観光の呼び物となっています。しかし、年々ブルーペンギンの数は減少...
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
観光地へ行くと、その場所をイメージしたTシャツがお土産屋さんに売っていますよね。それを購入し、実際に着て、その場所で写真を撮ることはあるかもしれません。で...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
「ペンギン系女子」という言葉を聞いたことはありますか?簡単に言えば、空を飛べない自分を素直に受け入れ、その短所を補うための努力する。言い換えれば、自然体で...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
この足元用セラミックファンヒーターはまさにペンギン村にありそうなマシンです。イエローのボックスフォルムが最高!
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「RAVEN Turtleneck」の紹介です。
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...