【じわじわくる!】自作セーターで、はいチーズ。

観光地へ行くと、その場所をイメージしたTシャツがお土産屋さんに売っていますよね。それを購入し、実際に着て、その場所で写真を撮ることはあるかもしれません。

ですがこの男性、サム・バースキンさんは、ひと味違います。

旅するセーター

2616aae7e828632a36f01730ad8f06c35e74dbd9

バースキンさんが旅先ですること。それは「観光地をモチーフにしたセーターを自分でデザイン・制作し、それを着て、観光地で写真を撮る」ことなんです。

今まで、イギリスのストーンヘンジ、ロンドンのタワーブリッジ、ニューヨークのタイムズスクエアなどへも、特別なセーターで訪れてバッチリ記念写真を撮っています。

F7ffca0b3b8fe74c6ec494230c85d2107b39dbea140fcf3b83bfab5eb2b1d916c9c31774a726bf0b

案の定、行く先々で声をかけられるそうです。

「そのセーター、すごいね!どうしたの?」

45b843290682a6326a47bc8d73a3bf814b6f2b3c

とてもお茶目なバースキンさんに、少しずつハマってきたんじゃないですか?

ちなみに上の写真のセーターは、バースキンさんが一番最初に作ったもの。滝と屋根がついた橋をモチーフにしているそう。

67fe73541d9d9c187fcace30d20a978bbe516435

裏面もこの通り。

今後もセーターを
作り続けたいんだ

16ce428957d3033b2bf6ab520b4536dd7a582df1

バースキンさんがセーターを編み始めたのは、1999年のこと。それまでもずっと編み物を始めたいと思っていたそうですが、なかなか良いマニュアルが見つけられなかったんだそう。

それからわずか17ヵ月後の2000年には、自分でセーターのデザインを考えるほどまでに。

81541e53fff919e18ad564d66a307f8ab50ecc77B1f2c24974819b08497a974b00b63acc473898c8

「たしかに、僕はセーターをつくる才能があったのかもしれませんね。これまでの作品のなかで一番好きなデザインを選ぶのは難しいですが、他のどんなセーターよりも自分で作ったセーターのほうが好きです。今でも、つねに一着は製作中ですよ」

そんなバースキンさんが手がける最新作がこちら!

3db1420910017b6f4b4647b0965dd7444a8229b1

これを着て向かう目的地は、いったいどこなのでしょうか?

Licensed material used with permission by Artistic Knitting of Sam Barsky
オーストラリア南西部の老人施設に暮らす、Alfred "Alfie" Dateさん109歳。オーストラリア最高齢としても有名なおじいちゃんですが、もうひと...
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
ニットをハンガーにかけておいて、型崩れしたり、伸びたりした経験はありませんか?これからは、その心配は無用。長時間ハンガーにかけておいても問題ない畳み方を、...
見た目のインパクト大!な「超極太ニット」。寒くなるこれからの季節に、ブランケットとしても使えると評判ですが、どうやら今年の超極太ニットは、さらにバージョン...
「KNIT MITT NET」で、大切な人に思いを伝えてみるのはどう?。本気でプレゼントとするのもいいけれど、少しギャグっぽく渡すのもアリかもしれない。国...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...