ペットボトルからできたキュートな水着

「Fair Harbor Clothing」の水着は、デザインや形、色使いがシンプルなのに可愛くて、夏の日焼けした肌に合いそうだなと思い目を引かれました。

このブランドは、子どもの頃からサーフィンを通して海と触れ合ってきた兄妹が創設したもの。大好きな海がゴミにまみれていく様子を見て、どうにかならないかと一念発起したのだそう。彼らの水着はペットボトルをリサイクルしてつくられた素材からできています。

写真で見ただけじゃ、最初は気づきませんでした。そこがイイんですけどね。

©Fair Harbor Clothing
©Fair Harbor Clothing
Top image: © Fair Harbor Clothing
他の記事を見る
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「こんなに透けちゃってていいの!?」と見ているコチラが心配したくなる水着が登場していた模様!…が、先に言っておくと、どうやらコレ、色めき立つ男性陣の期待に...
集合としての「強さ」と「美しさ」。
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
現在、ヌーディストとして世界を旅するベルギー出身のカップル。彼らが服を脱ぐようになったのは、日本では疑問に思うことのない、湯船では水着を着ないという経験を...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...