「地球上最後の場所」からのSOS

気づいてくれただろうか。

上の写真、森の中に浮かぶ「SOS」の文字に。

ここは、インドネシア・スマトラ島。

豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて送られる救助信号とは——。

悲劇は、起こるべくして起こった。

半世紀以上もの間、この島では違法な森林伐採が続けられてきたという。

目的は、主に食品や化粧品に使用されるパーム油の生産。

近年ではバイオ燃料の用途もあるなど、もっとも経済的かつ多目的な原材料のひとつとして認知されている。

その生産量で世界をリードしているのが、他でもないインドネシア。

パーム油生産は、この国の経済成長の要因となっている一方で、森林の面積は全盛期から半減。スマトラは「世界一森林破壊が速い」と言われる存在になってしまった。

こうして、人間が自らの利益を追求したあまり、実に500種以上を誇る世界屈指の生物多様性が危機に直面しているというわけだ。

とりわけ深刻なのが、スマトラオランウータン。残りは14,600匹程度と見込まれており、絶滅危惧種にも指定された。

そうした状況にも関わらず、いまなお違法な伐採は続いている。

加えて、山焼きや交通インフラの整備などもあり、スマトラの森は減少の一途を辿っているのだ。

この問題解決へ向けて動き出したのが、化粧品ブランド「LUSH」。

2008年以降、自社のサプライチェーンからパーム油を排除する活動を開始。石けん素地のパーム油不使用を実現した。

いまでも新たな原材料調達の際には、パーム油が使用されていないものを採用するなど、毅然とした態度を取り続けている。

さらに、彼らの取り組みはそれだけにとどまらない。

一化粧品ブランドが「森の再生」を目指す。

写真は、LUSHが昨日から発売を開始した「スマトラ シャンプーバー」。

同ブランドならではの固形型シャンプーで、4月19日まで実施される「#SOSsumatra キャンペーン」のチャリティー商品だ。

マカロンのようなキュートな見た目には似つかわしくない三文字が、事の重大さを一層強く印象づけている気がする。

消費税を除く売上の全額が、森林保護団体・Sumatran Orangutan Societyへ寄付され、かつて豊かな熱帯雨林が広がっていた50ヘクタール(東京ドーム約10個分)の土地購入に充てられるという。

ただし、寄付をして終わりというわけではない。

原材料もそこで育てると同時に、持続的に現地コミュニティの人々と付き合い、一緒になって元の生態系が整う森林に再生させることこそがゴールなのだ。

……それにしても、東京ドーム約10個分。

リゾート開発のデベロッパーが買うというのなら話は分かる。でも、購入をサポートするのは、一化粧品ブランドのLUSHである。

この数字は、今後もスマトラの自然と継続的に向き合っていくのだという相当な覚悟を雄弁に物語る。

小さな小さなシャンプーバーには、特大の想いが込められているのだ。

先月、ロンドンで開催された「LUSH SUMMIT 2018」のワンシーン。スマトラ島の森林保全プロジェクトについてパネルディスカッションが行われた。
「スマトラ シャンプーバー」は日本を含む8ヵ国で約15,000個が用意される。

たしかにここまで述べてきたのは、遠く離れたインドネシアでの出来事。

しかし、ここ日本で暮らす僕たちが日常的に消費しているものの背後にこうした問題が潜んでいることは、看過すべきではないはず。

決して「パーム油使用品を排除しよう!」などと乱暴な意見を言いたいわけではない。

食品や化粧品を中心に、ここまでパーム油が広まっている現代。そんな青写真は描けない。

消費する、しないは個人の自由。大切なことは、そこに背景を「知ろうとする」前向きな意思があるかどうかではないだろうか。

そういう意味で僕は、このLUSHのチャレンジを一人でも多くの人に届けたい。

一度話を聞いただけではすぐに忘れてしまう難しい社会問題も、シャンプーバーという形あるもののおかげで、見るたびに思い出すことができる。

それが直接的な支援ではないにせよ、まず「考える」という行為自体が立派なアクションだと思うから。

Top Photo by Save Our Souls installation by Ernest Zacharevic
Licensed material used with permission by LUSH
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
「LUSH 原宿店」で、世界中のどの店舗でも展開のない限定商品86種を含む全110種の「バブルバー」が発売。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。
「LUSH」が日本の自然の恵みをふんだんに使ったクリスマスリースや正月飾りのしめ縄など、季節を彩るスワッグ4種の販売を開始。
8月31日、「LUSH 新宿店」でスパサービスが開始。早速、新宿店限定のトリートメント「ザ エナジャイザー」を受けてきました。
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
3月26日、英国発のハンドメイドコスメを展開する「LUSH(ラッシュ)」のオンラインストアで、LUSH原宿店限定で販売されていた「バブルバー」29種類に新...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...