90人が悲しい「死を迎えた場所」を見て、人は何を感じるのか。

1989年11月17日にある悲しい事故が起きました。ユーゴスラビアの鉱山内での火事で、一酸化炭素中毒をおこし、90名の鉱山労働者が命を落としました。

その後、現場はすぐに閉鎖され、約28年経った今でも鉱員たちの“生きていた証”がそのままに残されているのです。Aleksandra Kosticは、彼らに畏敬の念を抱きながら鉱山跡を撮影しました。

ただ、静かに眠っていた遺品

鉱山には、ヘルメット、作業着、メガネなど鉱員たちが当時使用していたと思われるモノが多く残されていたそうです。それに、時代を感じさせる家具やチトー大統領の写真までも。

手付かずの状態で長い年月そのままにされていた事故現場を目の当たりにしたAleksandraは、1986年にウクライナ(旧ソビエト連邦)で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故を思い出しました。まるで事故後に、「ゴーストタウン」と呼ばれるようになったプリピャチの街のようだったと彼は言います。

「閉ざされた場所で、何が起こったのか忘れないで欲しい」

Aleksandraは人々を当時のユーゴスラビアへ誘いたいという思いを込めて、一つひとつの場所をカメラに写しています。

ゴーストタウンと化した場所。この場所を美しいと感じる人もいれば、不気味と思う人もいるはず。心に抱くものは人それぞれだと思うのですが、一言で終わらせてはいけないような気が私はしています。Aleksandraの写真を見て感じたことを、決して忘れないように。

Licensed material used with permission by Aleksandra Kostic
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故。放射線の影響は薄まってきているとはいえ、今でも周辺地区への立ち入りは禁止されています。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
私たち人間にとって、愛着が湧くのは自然なこと。愛する人は自分の一部であり、人生を過ごすうえでとても大切な存在になった誰か、もしくは、何かがいなくなってしま...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
7年の時をともに過ごして、ついに結婚となった男女。だがその幸せは交通事故により終わりを告げる。結婚式が挙げられるたった4カ月前のこと。悲しみをうけとめ乗り...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
近しい人を亡くすと、悲しみから逃れない気持ちになってしまいます。でもこの名言集は、悲しみに向き合い、前向きになれるように紹介しています。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
家族の一員でもある、大切なペット。しかしどんなに愛していても、人間とは違う時を生きている彼らとは、いずれお別れのときが来てしまうものです。Mark Woo...