ヴィーガンのうんちは価値がある!?

「うんちのドナー」なるものがあります。健常な人の糞便から腸内細菌を取り出し、消化器疾患などを抱えた人の大腸に移植するんだそうです。

日本でも行われていますが、欧米ではこのうんちのドナーが「意外と稼げる」と評判なんだとか。

ちょっと調べてみると、アメリカの「OpenBiome」という機関では、一回の提供につき40ドルがもらえるみたい。たしかに、トイレに流してしまうだけの糞便にしてはわりと高額かも。

さて、つい先日イギリスのBBCに取り上げられて話題となったのが、ドナーのクローディア・カンパネラさん。彼女のうんちは研究対象として非常に価値が高いそうです。

理由は彼女がヴィーガンだから。

カンパネラさんは、取材に対して「うんちの提供はとっても簡単。興味があれば近くの病院に連絡してみて」と推奨しています。

Top image: © iStock.com/Art-Digital-Illustration, iStock.com/Olga Kashurina, 2019 TABI LABO
他の記事を見る
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
なぜか私たちは「うんち」や「おしっこ」という言葉を声に出すことに恥じらいを覚えてしまう。でも、世界のトイレ事情についてあつ〜く語ってくれている「The I...
「Hilton London Bankside」に誕生した、ヴィーガンの人のためのスイートルーム。ヘッドボードやクッション、椅子にはパイナップルの葉の繊維...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
お肉だけではなく、卵や乳製品、はちみつなどの動物由来の食べ物を一切控える「Vegan(ヴィーガン)」は、日本で実践しようと思うとなかなか難しそうですが、そ...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...