ヴィーガンのうんちは価値がある!?

「うんちのドナー」なるものがあります。健常な人の糞便から腸内細菌を取り出し、消化器疾患などを抱えた人の大腸に移植するんだそうです。

日本でも行われていますが、欧米ではこのうんちのドナーが「意外と稼げる」と評判なんだとか。

ちょっと調べてみると、アメリカの「OpenBiome」という機関では、一回の提供につき40ドルがもらえるみたい。たしかに、トイレに流してしまうだけの糞便にしてはわりと高額かも。

さて、つい先日イギリスのBBCに取り上げられて話題となったのが、ドナーのクローディア・カンパネラさん。彼女のうんちは研究対象として非常に価値が高いそうです。

理由は彼女がヴィーガンだから。

カンパネラさんは、取材に対して「うんちの提供はとっても簡単。興味があれば近くの病院に連絡してみて」と推奨しています。

Top image: © iStock.com/Art-Digital-Illustration, iStock.com/Olga Kashurina, 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
6月中旬にスコットランドでオープンした「Saorsa 1875」。客室内はもちろんのこと、部屋の掃除の際に使用されるプロダクトもヴィーガン。供給される電気...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「Not-Chick’n」というヴィーガンコンソメの紹介です。ヴィーガンもヴィーガンじゃない人も試す価値アリ!
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
飼い犬が自宅の庭にうんちをしてしまったとき、アメリカではペット廃棄物の除去サービスを頼めるアプリ「Plowz&Mowz」が活躍。すでに国内40都市で展開し...
10月28日、腸内細菌の研究をおこなっているアメリカのスタートアップ「Seed」が、腸内環境の改善に取り組む企業「auggi」と手を組み、ちょっと変わった...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
この夏ロンドンでは、今年で2回目となる「Bare Fashion」が開催されます。メインとなるのはファッションショー。ランウェイの上を、ヴィーガンの洋服を...
動物を愛する人が動物を愛する人のために作ったドッグフードが「V-planet」です。植物性食材のみを使っていて、ヴィーガン仕様になっています。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
岩手県の名産「南部せんべい」がヴィーガン認証を取得。国内で販売されているせんべいにおいて、この認証を取得したものは過去に例がないとのこと。
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。