トイレが苦手な子どもには「うんちでぬりえ」するペーパー

10月上旬、認可外保育所「ロハスキッズ・センター クローバー」の運営などを手がける「株式会社Kleur(クルール)」は、子どものトイレトレーニング専用トイレットペーパー「PooPaint(プーペイント)」の販売を開始した。

「うんちでぬりえ?!」というキャッチコピーを冠したこのアイテムには、キリンや恐竜など7種類のキャラクターのイラストが描かれている。使用後はそれらが「ぬりえ」となるわけだが、実際のところは、子どもが自らトイレに行きたくなるように関心を引くことが目的。

子どもの自発性を育むことをテーマとした、オリジナルの教育プログラムを展開している同社ならではのアイテムだ。

保育所内にも設置しており、苦手意識のある子どもたちがトイレに行くきっかけを作るアイテムとして活躍しているという。

値段は2ロールセットで500円(税込)。「PooPaint」のオフィシャルサイトにて購入することができる。

子どもの「オムツ離れ」の時期が近づいている親御さんは要チェック!

PooPaint
【公式ホームページ】https://www.poopaint.net/

Top image: © 2019 株式会社Kleur
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

コンパクトサイズで持ち運びに便利なロールタイプのトイレットペーパーが登場。アウトドアシーンやお出かけの際に活躍するだけでなく、トイレットペーパー共有による...
腸の健康に関する実態調査「うんち白書2020」によると、観便をする人のほうが自己肯定感が高くなる可能性があるという。
なぜか私たちは「うんち」や「おしっこ」という言葉を声に出すことに恥じらいを覚えてしまう。でも、世界のトイレ事情についてあつ〜く語ってくれている「The I...
ユニークなデザイン、卓越した安全性、革新的な機能性が欧米で高く評価されているドイツのベビー用品ブランド「CYBEX(サイベックス)」の日本初のフラッグシッ...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
プラスチックを一切使っていない妊娠検査薬「Lia」。生物分解されるので、地球に悪影響を与えないエコ製品です。その性質はトイレットペーパーとほぼ同じ。だから...
今までトイレットペーパーホルダーを気に留めたことがあるだろうか?じつは大いなる創造力を活かせる素敵なフィールドだったことに気づかされる展示が開催中。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...