赤ちゃんを段ボール箱の中に!?乳児死亡率が世界で最も低いフィンランドの「秘密」

フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、ベイビー・ボックスという段ボール箱を受け取ること。

みんな給付金を選ぶと思うでしょう?ところが、全体の95%がこの“箱”を選ぶそうです。理由は、中に入ってるアイテムがとても便利だから。

「ベイビー・ボックス」って?

85singo_slideshow_baby-in-fbb

85singo_10441117_1468933966688535_2099917016367994658_n

1930年代に始まったベイビー・ボックスの歴史。もとはベッドを購入できない貧困層のために、政府が配り始めたものでした。

当時のフィンランドにおける乳児死亡率はおよそ10%!そんな深刻な課題に対して講じられた国の安全対策が、この段ボール箱セットを配布することだったというワケ。

赤ちゃんを守ろう!

85singo_CHsGbZnUAAEHf5B

配布後、乳児死亡率は劇的に改善。絶妙なサイジングで、赤ちゃんの寝返りによる窒息リスクを軽減できるそうです。

はじめは貧困家庭のみに配られていましたが、すぐに誰でも受け取れるようになりました。どんなものが入っているのか動画で確認できますが、その充実度にはビックリ。

内容は、生後1年を無事乗り越えられるように用意されています。様々なサイズの洋服、再利用できるおむつやよだれかけ、そのほか体温計、育児マニュアル、アウトドア用品などなど。どれも赤ちゃんの性別に依存しないデザインとなっており、次の出産の際にも再利用できるとあって、重宝されているようです。

なかには、妊娠中の妊娠を防ぐためにコンドームまで。

85singo_2015_Vuodelaatikko

85singo_Moomin_Box_Havainne_3_aa8e94e6-d0a0-4fd9-b67e-5b446c68dbaf_large

85singo_11333338_686616721470111_130625705_n

フィンランドにおいて、ベイビー・ボックスは祝福の象徴。ボックスを受け取った日は、家族でパーティー!

そんな話がBBCによって取り上げられたのが2013年。これをきっかけに、世界的に認知されました。その後、ヘルシンキの企業が「フィンランド・ベイビー・ボックス」を製品化し海外への流通が実現。今では多くの地域から注文を受け付けています

85singo_Description_Hygiene

85singo_Description_Indoor

85singo_Description_Outdoor

85singo_Description_Sleeping

Licensed material used with permission by FINNISH BABY BOX

フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
ベビー商品ブランド「GOO.N(グ~ン)」が展開する「ハグ~ンプロジェクト」で公開中の赤ちゃん泣き止み動画は、なんと視聴した94.3%の赤ちゃんが泣き止ん...
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
11月21日と22日の2日間、リアルなフィンランドの夏休みを体験できるイベント「Happy Day in Finland」が開催。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
フィンランドは2年連続で幸福度ランキング世界一位に輝いています。フィンランドへ何度も行くようになって、フィンランドが地球で一番しあわせな国である理由がすこ...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...