家に眠っている「ヴィンテージスピーカー」がBluetoothで蘇る!

アナログテープで音源配信することが一部でブームになっているようですが、こちらも大きな話題になりそう…。なんとアナログなスピーカーもBluetooth対応にしてしまう、夢のデバイスなんです。 

古いステレオを
蘇らせる

Fb363570f05a04bc24f36de19853db4e55bcef32

イギリス生まれのキューブ型ガジェット「THE VAMP」を繋げることで、アナログスピーカーが見事にBluetoothスピーカーになって復活します。音楽はスマホやタブレットで再生して、Bluetoothでスピーカーに飛ばして聞くことが多くなりましたが、これさえあれば、古くなってしまったお気に入りのスピーカーたちをまた気軽に鳴らすことができますね。

出力は、4W。ミニコンポがだいたい10W程度からラインナップしていたことを考えると、そこそこの音量で楽しめそうです。メーカーが掲げる合い言葉は「Save a Speaker」。そうです、名機はまだまだ楽しめるんです。

3529d795b9501fd23878708690c2fb8933f8d90f

「THE VAMP」の大きさはL80×W70×H70(mm)。10センチ四方に満たないので、それほど荷物にもなりません。スマホと「THE VAMP」さえ持ち歩いていれば、出先のスピーカーに接続することもできます。

探せば、意外とスピーカーは至る所にあるもの。実家で眠っているコンポや、職場、いろんなところにあるスピーカーを、文字通りジャックして、手軽に音楽を楽しむことができますね。

手作りスピーカーと
合わせて楽しんでみる

09e924de00d4a1f6409ca42ea5681389fd414186

「THE VAMP」があれば、それまで持ち出せなかったお気に入りのスピーカーを外で鳴らすこともできます。バーベキューや、キャンプでのBGMにもいいでしょう。空き箱や発泡スチロールを使った「手作りスピーカー」を手軽に楽しむにも、もってこいですね。スピーカー・ハッカソンを開催してもおもしろそうです。

現在「THE VAMP」は、Kicksterterにてクラウドファンディング中。通常59ポンド(約7,500円)のところ、39ポンド+12ポンド(日本へのシッピング料)の51ポンド(約6,500円)がプランされています。

実家に眠っていた、古いステレオを蘇らせてみませんか?

Licensed material used with permission by PAUL COCKSEDGE STUDIO LTD
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
図書館や公園、プールなど、あらゆる所で踊りまくる。そんな子どもたちの姿に驚きました。場所の意外性もあるけれど、小さな体から放たれるパワーに圧倒されたからで...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
天真爛漫で、何にも縛られない自由奔放な子どもの姿を見ていると、自分のココロの底に眠っていた「童心」が蘇ります。「も〜、むちゃくちゃなんだから!」なんてツッ...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
Bluetoothで手持ちのスマホとペアリング。それだけで電話の受発信ができる「Banana Phone」です。
ジャカルタから少し南にあるこの家。2006年より政府の住宅プロジェクトとして未来の住むこと、働くこと、誰かに会うことを考えて改築されてきました。人口が増え...
ライターのリンダ・バルス氏が、眠り方でカップルの仲が分かってしまう!と、「 WorldLifestyle」で紹介しています。幸せなカップルの寝相をマネする...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...