家に眠っている「ヴィンテージスピーカー」がBluetoothで蘇る!

アナログテープで音源配信することが一部でブームになっているようですが、こちらも大きな話題になりそう…。なんとアナログなスピーカーもBluetooth対応にしてしまう、夢のデバイスなんです。 

古いステレオを
蘇らせる

イギリス生まれのキューブ型ガジェット「THE VAMP」を繋げることで、アナログスピーカーが見事にBluetoothスピーカーになって復活します。音楽はスマホやタブレットで再生して、Bluetoothでスピーカーに飛ばして聞くことが多くなりましたが、これさえあれば、古くなってしまったお気に入りのスピーカーたちをまた気軽に鳴らすことができますね。

出力は、4W。ミニコンポがだいたい10W程度からラインナップしていたことを考えると、そこそこの音量で楽しめそうです。メーカーが掲げる合い言葉は「Save a Speaker」。そうです、名機はまだまだ楽しめるんです。

「THE VAMP」の大きさはL80×W70×H70(mm)。10センチ四方に満たないので、それほど荷物にもなりません。スマホと「THE VAMP」さえ持ち歩いていれば、出先のスピーカーに接続することもできます。

探せば、意外とスピーカーは至る所にあるもの。実家で眠っているコンポや、職場、いろんなところにあるスピーカーを、文字通りジャックして、手軽に音楽を楽しむことができますね。

手作りスピーカーと
合わせて楽しんでみる

「THE VAMP」があれば、それまで持ち出せなかったお気に入りのスピーカーを外で鳴らすこともできます。バーベキューや、キャンプでのBGMにもいいでしょう。空き箱や発泡スチロールを使った「手作りスピーカー」を手軽に楽しむにも、もってこいですね。スピーカー・ハッカソンを開催してもおもしろそうです。

現在「THE VAMP」は、Kicksterterにてクラウドファンディング中。通常59ポンド(約7,500円)のところ、39ポンド+12ポンド(日本へのシッピング料)の51ポンド(約6,500円)がプランされています。

実家に眠っていた、古いステレオを蘇らせてみませんか?

Licensed material used with permission by PAUL COCKSEDGE STUDIO LTD
ギュッと握ったらフニャッとして、その感触がクセになるスクイーズボール。クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達に成功した「SQUEGG...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
図書館や公園、プールなど、あらゆる所で踊りまくる。そんな子どもたちの姿に驚きました。場所の意外性もあるけれど、小さな体から放たれるパワーに圧倒されたからで...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナイブル...
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...