高画質カメラとスマホアプリが連動する「スマート耳かき」

「株式会社Gloture」は、最新のテクノロジーで“耳かき”をサポートする「Bebird A2」のクラウドファンディングを「GREEN FUNDING」にて開始。1月31日まで支援を募る。

このプロダクトは、高画質のカメラが内蔵されたスマート耳かきで、アプリをダウンロードしたスマホとペアリングすると、耳のなかをチェックしながらの掃除が可能となる。

イヤースプーンは、耳の穴から鼓膜まで続く外耳道を傷つけないよう、力が加わると変形する「プラスチック」と「シリカ」を合わせた素材を使用。また「保護プラグ」を使うことによって、スティックが外耳道の奥まで入りすぎないよう調節できる。デリケートな部分をケアするアイテムなだけに、安全性にも十分に配慮した構造となっている。

ほかにも、長く衛生的に使えるよう、耳かきカメラを使用時には、自動的に殺菌してくれる独自開発の「殺菌ライト」が搭載されているのも特徴だ。

カラバリは「BLACK」と「SILVER」の二種類。1時間の充電で約100分使用することができる。

現在、クラウドファンディングでは通常価格より42%オフの6,200円(税込)から購入可能。支援者には、2020年2月頃発送の予定とのこと。

Bebird A2
【クラウドファンディングページ】https://greenfunding.jp/lab/projects/3315

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クラウドファンディングにて先行販売を開始したスマート耳かき「MieRu」は、本体にカメラが搭載されており、専用アプリを利用してWi-Fi経由で耳のなかを確...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
9月2日、「ボッシュ」が発表した「eStroller」という“電動スマートベビーカー”が話題を集めている。スマホと連携することで、より安全に、より便利にな...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。