瀬戸内をめぐる、「guntû」という新しい体験。

以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。

瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに10月17日(火)に就航するそうです。

最近、なにかと話題が多い瀬戸内海を味わいつくせるようにデザインされているという、その船内の様子を見ていきましょう。

幅広い世代がハマる
「瀬戸内」

ここ数年の瀬戸内の勢いは、多くの人が感じているでしょう。うどん巡りに始まり、アートで有名な直島、しまなみ海道、などなど。

別名「猫島」と呼ばれる男木島や、桃太郎伝説がある女木島など、瀬戸内海に浮かぶそれぞれの島も徐々に注目度を高めているように感じます。なにより瀬戸内海は波が静かで自然も豊かなので、ゆったりとリラックスできるし、サイクリングなどのアクティビティも多いから、幅広い世代の人たちに愛されているのかもしれません。

guntû(ガンツウ)という
新しい体験。

一見、屋形船のようにも見えるかもしれませんが、そのすべてが新しいのが「guntû(ガンツウ)」の魅力。

「せとうちに浮かぶ小さな宿」をコンセプトに、木材を使った客室と、切妻の屋根、縁側など、普通の客船では例を見ない造り。

設計、デザインを手がけたのは建築家の堀部安嗣氏で、全客室から海を眺めることができ、瀬戸内海ならではのゆったりとした船旅が味わえるそう。

客室は全部で19室で、部屋の種類は4種類。船首の景色を180度独り占めできる「ザ ガンツウスイート」、広々としたテラスを有する「グランドスイート」、露天風呂か内風呂かで選べる「テラススイート」は、どれも海に面したスイート仕様になっていて、いつでも目の前に瀬戸内の景色が広がります。

瀬戸内海を巡る6航路が用意されていて、2泊3日、3泊4日のツアーから選べるそうです。広島県の宮島、香川県の直島など、広島・山口・愛媛・香川・岡山を周遊します。夜も寄港せずに沖合で錨泊(びょうはく)し、島に行く際は搭載したテンダーボートを使うというのも興味深い。

ちなみに船内施設も充実していて、展望デッキ、ダイニング、縁側、カフェ/バー、鮨カウンター、炭焼き台、ショップ、ラウンジ、ジム、トリートメントルーム(エステ)、サウナ付き大浴場などがあります。

瀬戸内の食を、存分に。

食事は、東京「重よし(しげよし)」が監修。

その日の天候や乗客の好みによって、瀬戸内の新鮮な食材を使って作られます。その他にも、寿司カウンターでは目の前で握られた寿司を、ラウンジでは目の前で作られた和菓子を楽しむことができるそう。

人生で一度は乗ってみたい。

現在「guntû(ガンツウ)」は、就航日に向けて習熟訓練中とのこと。宿泊予約は、帝国ホテル本館中2階に設けられたガンツウ ギャラリー、および電話にて受付中。

室料は1泊40万円~100万円(1室2名利用)。

正直、気軽には行けない値段だけど、人生で一度は乗ってみたい。

Photo by Tetsuya Ito ©️Setouchi Cruise, Inc.
Licensed material used with permission by せとうちホールディングス
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
お寺での修行がエンターテイメントとして注目を集めている。その名も「テンプルステイ」!ホームステイのようにお寺に寝泊まりし、本物のお坊さんと一緒に修行を体験...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...