転職を迫られる国民も……スリランカの新しい「森林保護政策」

国のトップの宣言後、すぐに「禁止」……といって思い出すのは、2016年にインドで高額紙幣の廃止が実施された一件。移行措置はあったものの、銀行やATMに行列ができるなど、突然のことに混乱が生じました。

そんなインドの出来事を彷彿とさせる急な決定がお隣の国、スリランカで下されました。

大統領府は6日、森林保護のためチェーンソーの輸入禁止、そして、5年以内にスリランカ国内の製材所を閉鎖する方針を発表。明言はありませんが、大工職人や伐採業者は期間内に転職を余儀なくされる状況に。今週からは、チェーンソー本体と替刃の輸入禁止が実施予定です。

違法伐採の取り締まりと森林保護の目的とはいえ、当事者たちにとっては厳しい決定。今後の生活を左右する決定なだけに、いかに国民の納得感を得られるかが争点になりそうです。

Top image: © iStock.com/DavorLovincic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スリランカのヤーラ国立公園近くに位置するロッジ「Wild Coast Tented Lodge」。テントスタイルの全28室の客室はすべて白くて丸みを帯びた...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
トゥクトゥクで、スリランカ内を冒険できる旅企画「Lanka Challenge」。約1000キロの道のりを2〜3人のチームで運転し移動。10日かけて、ディ...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...
専門店に負けないスリランカカレー。それもビュッフェスタイルで!
スリランカ政府は、同国を訪れる観光客に対し「渡航費」が安くなるようなサポートの実施を決定。半年間、コロンボ空港を利用するフライトで実施する。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
「森林伐採」をひとまとめにネガティブなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...