ヨーロッパを旅するまで、まったく知らなかった「16のコト」

海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。

ここで紹介するのは、そのヨーロッパ編。アメリカ人であるライターが「Full Time Explorer」にまとめたものです。彼の地を旅したことがある人なら、共感する項目もあるのでは?

01.
気をつけて!
ラテを注文すると…

019312985_Large

ラテを注文した場合、あなたはグラス1杯の牛乳を注文していることになるのです。私はカフェラテを注文したいと思っていたのに…。誤って温めた牛乳を注文してしまったら、エスプレッソのショットを追加で注文しましょう。

02.
ほとんどの美術館が入場無料!

美術館に入場するために、25ドル(約3,000円)ものお金を支払う必要はありません。確かに、ルーヴル美術館のような大規模なところでは、それなりに費用はかかります。でも、たとえばロンドンの美術館や博物館の入場料は非常に安く、ほとんどお金をかけずに楽しむことができます。

03.
ホテルの外に出る際は
鍵を預けて

おかしなことですが、ホテルを出る前には、コンシェルジュに部屋の鍵を渡さなければいけません。たった1時間の外出でもそう。鍵に大きくて重たいキーチェーンが付いていることもありますが、それはあなたが鍵を外に持ち出さないようにするためです。

おそらく、鍵をなくすことや合鍵を作ることを恐れているのでしょう。私はいつも鍵を渡すのを忘れて、コンシェルジュに呼び止められました。まるで自分がバカになったような気分…。

04.
昼すぎには
“すべて”が休憩

293765660

特にスペインとイタリアでは、昼すぎにはすべてのお店がクローズ。レストランやお店、観光地など、すべての人が休憩するのです。

しかし、観光客としてこれらの場所を訪れた場合、昼食を食べられなかったり、観光できなかったりに非常にイライラすることでしょう。反対にヨーロッパの人は、どうして世界中の人が休憩を取らないのかと、不思議に思うかもしれません。きっと、彼らはリラックスが上手なんですね。

05.
コーヒーは
決して持ち歩かない

テイクアウトのコーヒーを探すのが難しい場合もあります。彼らは、コーヒーを移動しながら飲むものだと考えておらず、「神聖なもの」と捉えているのです。

コーヒーを注文するということは、30分ほどそこに座って、その時間を楽しむということ。もし急いでいる場合は、バーのようなコーヒーカウンターに立ちましょう。短時間でエスプレッソを飲むことができます。でも、たとえどんなに急いでいたとしても、カフェで15分しか時間を費やさない人など、ヨーロッパにはいないはず。

06.
夕食の時間が長すぎる

フランスのレストランで夕食を食べたときのこと。なんと、店を出るのに3時間もかかりました。私たちが着席してから、ウェイターが飲み物のオーダーを取りに来るまで30分。特に混んでいたわけではありませんよ。

そして、前菜が到着するまでにまた30分。メインディッシュが到着したのは、それから1時間半後でした。耐え難いほど遅いサービスです。デザートが来た頃には、時間は午後11時。普段なら、もう眠りについている時間でしたよ。時間をかけて食事をとることに慣れるまで、3日かかりました。

07.
先に会計を済ませる場合も

Customer paying at a cafe with credit card

ローマでレンタカーを借りて、ボローニャに向かっていたときのこと。途中で、小さなサンドイッチショップに寄りました。

そこには、誰も英語を話せる人がおらず、私たちもイタリア語を話せませんでした。そこで、サンドイッチを指差して注文しようとしたのですが…店員は一向に売ろうとはしてくれなかったのです。

彼は部屋の反対側にあるレジを指差しながら、「Pay(支払いをして)」と言いました。私はレジの前の列に並びましたが、サンドイッチを指差して注文することができなかったので、欲しい種類を伝えるのに苦労したものです。

08.
公衆トイレはタダではない

ヨーロッパでは、公衆トイレを利用する際にお金を払わなけれならない場合があります。レストランで食事をした場合でも、トイレは別料金のところも。

09.
Wi-Fiも有料

ニューヨークでは、ほぼすべてのスターバックスやホテルで無料のWi-Fiを使うことができます。でも、ヨーロッパでは、お金が必要な場合がほとんど。イタリアでは、日数または分数によってお金を支払わなければならないこともありました。

私たちは、常に残り時間がどのくらいなのかを確認しなければいけませんでした。できることといえば、仕事のメールチェックくらいのもの。支払ったお金ほどの価値がない、インターネットの使い方です。

10.
チップを払う必要はなし

Would you like anything else?

よく知られていることですが、ヨーロッパではチップは必要ありません。ウェイターやウェイトレスには、公正な賃金が支払われています。

11.
トイレを流す方法が多すぎ…

アメリカでは、どこへ行ってもトイレの仕組みは同じ。でも、ヨーロッパには、色々な種類のトイレがあります。天井からぶら下がっている紐を引っ張って流すタイプや、ミシンペダルのように足で踏んで流すタイプなど…。

12.
シャワーを浴びることは
冒険のようなもの

バスルームを使用するときにも、自分が別の国から来た「外国人」であることを実感しました。

決して、シャワーの使用が難しいわけではありません。ただ、ユニットバスにおいてトイレのゾーンをびちゃびちゃにしないようにするのが困難なのです。

シャワーカーテンがないバスルーム、シャワーヘッドと浴槽の場所が離れていることも…。シャワーヘッドの高さが低く、常に膝を曲げていなければならないこともありました。シャワーを浴びること自体が「冒険」のようなもの。

13.
朝食はパンとチーズが
ほとんど

0071127925_Large

ヨーロッパでは、朝食には、肉とパン、チーズを食べる国がほとんど。フランスでは、ジャムとバゲットを食べ、ロンドンでは、焼いたトマトや豆を食べることも。オレンジジュースを注文すれば、絞りたての新鮮なものを提供してくれるでしょう。私は、目玉焼きとベーコンが食べたかったのですが。

14.
サラダが簡素すぎる

ヨーロッパにもサラダはあります。でも、単にレタスの上に油がかかっているものがほとんど。運が良ければ、トマトが加わる程度です。

確かに、観光地では、ちゃんとしたサラダを見つけることができるかもしれません。ロンドンでは、素晴らしいサラダを食べることができたので、それは例外とします。

15.
牛乳の種類が少ない

食べ物のバラエティーも限られていると言っていいでしょう。たとえば、牛乳。アメリカのスーパーマーケットには、少なくとも6つの種類があります。全脂肪、低脂肪、スキムミルク、減脂肪、無脂肪、大豆など…。ヨーロッパでは、牛乳の種類が多くないため、商品を置いている場所自体を見つけるのにも苦労します。

16.
ミディアムレアに
サインが必要!?

Cheeseburger

ロンドンのパブでハンバーガーを注文したとき、ウェイターにミディアムレアで焼いてほしいと伝えました。すると、ウエイターは、「安全を放棄する」と書かれた紙へサインするように言ってきたのです。狂牛病のリスクを感じながら、ハンバーガーを食べたい人などいるわけありませんよね。

Licensed material used with permission by Full Time ExplorerInstagram

バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...