太陽光に当たると温度が上がる「毛糸」

「Red Heart」というアメリカの毛糸ブランドが開発した新製品「Heat Wave」が、数年後に世界中で愛用されそうなくらい便利だ。

これには“太陽光に当たると温度が上がる繊維”が採用されている。いや、正確には、紫外線に反応して発熱するようになっているので、曇りの日でも効果を発揮する。太陽が隠れていても、最大で7度温かくなるとのこと。

すっかり一般的になった、水分を吸収して発熱する吸湿発熱繊維とは異なるアプローチで開発された「Heat Wave」。この新素材が使われた洋服を着ておけば、寒いシーズンのアウトドア遊びも思う存分楽しむことができるだろう。

ただ、ひとつだけ欠点を挙げるとするなら、現在は毛糸としてしか販売されていないところ。自分の手で作り上げる楽しみもあるが、今後、セーターやニット帽などが製造されることに期待したい。

Top image: © Red Heart
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
体温調整は健康を維持するための大切な要素。ですが、寒暖差が激しい季節の変わり目なんかは、とくに管理が難しいものです。冬本番で冷え性に悩まされているという人...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
プランクトンによって青白く光る、モルディブの夜の海。まるでイルミネーションのようなその光景を、実際に見てみたいと思っている人も多いはずです。実は、それによ...
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、...
「Words of Heart」は、パスワードが一緒という斬新な条件を採用しているデートサイトです。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
アメリカのテネシー州にある「チャタヌーガ空港」は、空港で必要な総エネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを達成した。